株初心者は何を手掛かりに投資したらよいか?ファンダORテクニカル?

スポンサーリンク




 Saruです。

今回は、株を始めてみるとまず最初に悩むのがファンダメンタルズ分析なのか、
それともチャート分析なのか、どっちをやれば勝てるのか儲けやすいのかってことだと思います。
      

時間軸=トレード期間


結論から言うと、どの時間軸で投資をするかによって異なるので、
一概にどれが勝ちやすいかは言えないと思います。

 株価の値動き半年とか1年という長期的な時間軸では業績予想と近い動きになります。

なぜなら市場参加者がその企業の利益を予想してポジションを持つからです。

だから一応、中長期で投資する人達の時間軸企業の業績株価に反映されるまでの時間軸とも考えられます。

従って、業績予想がよければ保有を続けることになります。

だいたいこの値動きのトレンド3ヶ月~1年くらい続くことになります。

中長期波動の大きなうねりの上下の値幅を取りにいくのが
ポジショントレードと呼ばれています。

つまり、株価の中長期波動を狙う人達にとっては業績の変化などを見るためのファンダメンタルズ分析が必要となります。

簡単にいうと、四季報や財務諸表からその会社の業績変化分析したりして、投資を判断することになります。

これは、それなりの専門知識と時間がないと大変な作業になります。

株価に影響を与える会社の最新情報などと言われるものについても、注意を払うことが必要ですが、世間一般人が知り得るものは基本的に、二番煎じどころか三番手、四番手になっていると思います。

もちろん、業績や財務分析ができるにことに越したことはないし、
最終的に株価はファンダメンタルズによるものだと考えています。

特に、これから成長しそうな産業新しい会社に超長期で投資される人達はファンダメンタルズ分析は必要です。

リズム取り、スイングトレード


一方でそんな長い時間軸では待てませんという、もう少し時間軸の短いトレードを好む人達もいるわけです。

リズム取りとか、スイングトレードの人達ですよね。
そうすると、中長期の波動の動きの中に小さな波動が生まれます。

自律小波動と呼ばれるものです。

それで、こういう人達にとってはチャートのテクニカル分析によって
トレードしたほうがやりやすいと考えられています。

まり、いろんな考え方があるんです。

ファンダメンタルズ分析とチャートテクニカル分析の両方ができればベストですが、

株初心者が時間軸を3ヶ月未満のトレードを考えているのであれば、
最初はチャートのテクニカル分析から入るのが良いと思います

 
なぜなら、チャートのローソク足や終値線にすべて投資家心理
反映されていると仮定して
売買をする方が楽だからです。

ただし、倒産リスクはやはり怖いので四季報業績の推移営業キャッシュフローの数字は参考にします。

それと、チャートを見ることを習慣にして慣れるための練習は必須です

まとめ

ファンダ分析派?、テクニカル分析派?

どっちにしてもこの相場の世界不確実(カオス)なので、何かしら根拠(ルール)がないと入れないし持っていられない。

結局のところファンダメンタルズ分析チャートテクニカル分析単なる理由付けで、単なる共通言語でしかない。

これで必ず勝てるわけでもないからです。

ある面、乱暴な言い方をすると幻想を共有しているにすぎません。

でも共通言語があることによっチャートを見れば今、大衆がどっちに向かっていっているか?が見えます。

人間の心理としては、みんなが進んでいるほうが楽なので進みますがそこにあまり利はなく寧ろ逆に動くことに蓋然性があります。

但しこれは単純な逆張りという意味ではありません。

なによりも資金配分のほうが大事!ということになるのです。

お金を投ずる前に相場について知っていた方が良いと思います。
無料ですがハイクオリテ―です。
    ↓

こちらも参考にして下さい。

    ↓ ↓

「株初心者は自分に合う時間軸と資金配分そして腹を決める」

株初心者が移動平均線で勝つ方法

 

相場に絶対はありません。当たり前ですが、投資にあたってはご自身の判断で自己責任で行いましょう!

広告