全日本卓球女子ダブルス決勝はラケットが空を飛んだ!?

スポンサーリンク




全日本卓球選手権女子ダブルス決勝

 

 

 

 

 

女子ダブルス3連覇のみまひな「半年以上ぶりにペアを組んで。毎試合すごく楽しかった」【卓球 全日本選手権】「天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会」<1月13~19日/大阪> 大会6日目の1月18日、女子ダブルス決勝で大会2連覇中の伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)ペアが前回準優勝の芝田沙季(ミキハウス)/大藤沙月(ミキハウスJSC)ペアをゲームカウント3-1で下し、3連覇となる優勝を飾っった。・・・・・

 

3連覇達成 伊藤/早田組 優勝  

伊藤美誠/早田ひな 3-1 芝田沙季/大藤沙月

 

ラケットが空を飛ぶ

対戦中、柴田選手がラケットを振った直後、手元から離れて、伊藤美誠選手の方に飛んでいった。

伊藤選手は最初直ぐには気付かなかったようで横にいる早田選手を見ていたが、ボールではなく

ラケットが視覚に入った途端

ビックリポンと驚きの表情を見せたが、流石に運動神経抜群伊藤は背中を緩め飛んで来た物体を交わした。

その後、何事もなかったかのようにプレーは続き、同ペアは実績どおり

今大会も順調に優勝した。テレビで試合を見ていたが、伊藤早田のどちらのサーブをレシーブして

空振りした結果なのか覚えていないが、ボールが相当変化したのだと思う。

まあ、見事に飛んで行った。

野球のバットが折れて内野へ飛んで行くシーンを連想したが、まずは怪我もなくお疲れ様でした。

今大会は高校生が大活躍で明るい未来が見えると関係者は期待していた。

今、男子ダブルスは専修大学三部/及川組が優勝した。高校生チームは残念ながら敗れた。

 

広告