株初心者がローソク足で簡単ルールを作る!?

ローソク足とSU,SD

スポンサーリンク




Saruです。 
 
株の勉強を始めるとやれテクニカルがどうの、ファンダメンタル
がどうだとか、あれもこれもと覚えることが多すぎて悩みます。

  
今回は、それらの勉強も大切かもしれませんが、とりあえず難しいことはさておき、
株価の動き、「強弱」判断するためにはどうしたらよいかをお伝えします。
 

結論から言うと、それは「ローソク足」とチャートをよく見ることです。

いまでこそローソク足チャートは、どこでも直近のチャートを使うことが
できるようになりましたが、パソコンとインターネットが一般的でなかった時代には、新聞データなどをみて自分でローソク足を引いたり、終値だけの折れ線を引いたりしていました。

僕も以前は、値動きのリズムなどをより体感できるのではないかと、
終値線を方眼紙に手で書いて試したこともありました。

でも今はパンローリングのチャートを購入して(一番安いスタンダード)使っていますし、
証券会社やネット情報でいつでも無料で見れる時代です。

 

スラストアップでエントリー、スラストダウンで手仕舞いしたら!?

では、本題にはいります(前提は日足で見ています)

「スラストアップ、スラストダウンって聞いたことありますか?」

「スラストアップ(以下SU)」は、前日の高値を当日の終値が超えることで

「スラストダウン(以下SD)」は、前日の安値を当日の終値が下回ることです

これで、なにが分かるか?

株価が「買い方軍」と「売り方軍」の戦いだとすれば、目先どっちが有利
なのかこれは目安になります。

ここで重要なのは前日と比較してSUも、SDも「終値」がどうだったかです。

例えば、一日の動きを見てみると、

1.9時に始まって、ちょっと高くなって、安くもなって、結局切り返して
 始値と終値が同じになった。
「買い方軍」「売り方軍」ともに迷いが生じて寄引同事で終わる。
 
2.朝方ちょっと下がったけど、最後には切り返してきて陽線で終わる。

3.朝方がらガンガン上昇していき、そのまま行けば陽線で終わっていたものを
 午後になったら「売り方軍」がガンガン投げてきて、結局陰線で終わった。
 このように一日の強弱は最終近くになってみないとよくわかりません。

だから「寄り付きは素人の意見」、「終値はプロの意見」と言われます。

人によってトレードの時間軸(売買期間)が異なるので、一概に言えないと思いますが、
僕の売買はローソク足が決まりそうな大引け近くが多い。

仕事の都合で時間的に無理な人であれば、逆指し値を使うなどの工夫も必要となります。   

SUでエントリー、SDでエグジット、ミニ検証!?

いや、我ながら見づらいチャートで御免なさいね!
パソコン、あまり得意でないもんですから(笑)

それで、下のチャートは味の素(2802)です。

大幅下落後、前の安値近辺や節目の価格で調整底練り?
かと思える状況で、(日柄やローソク足の動き、移動平均線などを見て

SU大引けで「買い」、SUで大引けで手仕舞いしたら、どうなるのか?

検証してみました。  

 ※↑の茶でエントリーして水色で手仕舞いを繰り返したら、なんとこんな結果になりました。

上記のチャート「味の素」の株価で日柄3ヶ月以上下落してきた。

(17年6月の高値から3ヶ月以上下落してきた)9月12日のSUで大引け2,135.5円で買い、9月27日の大引け2,158円で手仕舞いする。

その後も同様に12月12日までの計6回トレードを最小単元100株を購入して繰り返した結果はなんと+6,800円の利益となった。


1銘柄で、統計的にも試行回数が少ないのですが興味がある方は他の銘柄で、
長期間の検証をしてみてはどうでしょう?

もっともこれのみで勝てると思ってはだめですよ!

マイルールが複雑骨折していない?


株のトレードを始めると、なにかルールがないと駄目だと言われて、
いろいろ難しく 考えていませんか?

僕もそうでしたが時間も頭脳もないのに、より複雑なのもの、より高度なものを求める。

これこそ勝率が高く、利益をもたらしてくれるなんて、いろいろなテクニカルを勉強しては
頭がパニックになってしまうんですね。

自ら作った落とし穴にまんまとはまってしまう。


冷静に考えてみれば、絶対勝てる法則などそもそもないのに、
(あったら全員お金持ち?、いや市場が成り立たない?)

なのに誰もが聖杯を信じ突き進む。

だから市場が成立するとも言える。

いろんなテクニカルも結局のところ、日々の株価を加工したものであり、
参加者全員が同じ道具を利用し、それを意識してトレードをしているわけでもないです。


チャートを全然見ない人も、市場に参加しているわけです。

ちょっと優位性があるだけなのに妄信してしまう。

因みに今回のお話も妄信してはいけません。

たまたま相場に合えば機能するだけなのですから。


今、自分の見ている景色は長いチャートでみると
どの位置にいるのか、客観的に観察することが大切です。

だから、1ヶ月~3ヶ月程度のスイングトレードでは、
ローソク足、移動平均線とトレンドラインが便利です。

他のテクニカル指標は参考までに見ます。
(後になって、ダイバージェンスになっていないかとか?)

トレードで一番大事なのは何か?                   


トレードの構成要素は、銘柄選択、タイミング、資金管理です。

これを自分なりにルールを作っていくことですが、一番大切なことは「資金管理」です。

絶対のない自分の思うようにならないのが相場です。

そのためには小さなサイズで始めるべきですし、思惑と違ったらロスカットです。

これがなかなかできず勉強途上にあるのにかかわらず、退場させらてしまいます。

いくら勝率が高いルールがあったとしても、1回の負け資金を大きく飛ばす
こともある世界なのです。


まずは、徹底して「投資の原理原則」を学ぶことが大切です。

投資の基礎を学ぶ

 

 「株初心者の「損切」と「利益確定」の判断基準」について


 

投資にあたってはご自身の判断で、自己責任で行いましょう!

 

広告