株初心者が勝つために最低必要な知識

スポンサーリンク




Saruです。

今回は、株初心者が一番最初に覚えておきたい「ダウ理論」です。

「ダウ理論」は、6つの法則から成り立っていますが、なかでも重要なのは
「明確な反転シグナルが発生するまで
トレンドは継続するという理論です。

なぜかというと、相場の転換点を判断するときになによりも重要だからです。

今回は「ダウ理論」の3つの重要な考え方を中心にお伝えします。

ダウ理論と転換

 

トレンドの転換
ダウ理論によるトレンドの定義

 

1.上昇トレンド
「連続する高値、安値の各々が、その前の高値、安値より 上である限り、
アップトレンドが存在する」

Aパターン                                 
①のラインを超えて高値をつけても
それまでのトレンドが崩れただけ

次の安値をつけて②の高値を超えたら転換と見る。

しかし、実践では②を超える前に安値から反発の兆しが見てとれたら暫定upトレンドと考え
矢印付近で、買いポジションをとることが多い。

Bパターン
③を超えると上昇転換と見る。

このケースも安値が決まったら、暫定upトレンドとして
図の矢印付近で「買い」エントリーする事も多い。

逆行したら、ロスカットのシナリオだ。

(H=高値、L=安値)

2.下降トレンド
 ダウントレンドの定義はこの反対で

 「連続する高値、安値の各々がその前の高値、安値より下である限り、
 ダウントレンドが存在する」ということができる。

Aパターン                                 
①はそれまでのトレンドが崩れただけ。

②でトレンドの転換が確定する。

しかし、実践では②や③で確定する前に高値からの戻りの弱さを見て、暫定downトレンドと考え
「売り」ポジションをとることも多い。

 (H=高値、L安値)ダウ理論

 

 

 

 

1.相場には3種類のトレンドがある
長期、中期、短期時間軸によるトレンドです。

相場では、月足、週足、日足、分足など、いろんな時間軸を見ているトレーダーや投資家います。

長い時間軸でトレードしている人は、なかなかポジションを解消しませんし、

中期の時間軸で見ている人はある程度相場に勢いがなくなったとき決済します。

この中期の人達の決済が長期のチャートの中に押し目を作ります。

また、短期でトレードする人達は、中期の投資が作ったチャートの中に押し目を作ります。

自分がどの時間軸で相場に立ち向かうのかは、個々の戦略の立て方によって異なります。

単純に、長い時間軸で戦うということは、少々の上げ下げする株価の波を無視して、

目標までポジションをホールドしなければならないのですから、資金力にも余裕がないと
耐えられないということになります。

但し、戦略通りツボにはまれば、大きな相場の波を取れるので成果も大きくなります。

2.出来高

「出来高」も人気のバロメーターになります。

出来高が大きいということはより多くの投資家が活発に売買しているということであり、例えば、
下降トレンドから底練りが続いて、
初動の大陽線が出来るときなどは、今までの出来高と比べて大幅に
増加してくることがあります。

また、過熱しすぎて大幅下落時にも、大きく出来高が伴ってきます。

高値圏で、出来高が細っているのに株価が上げているので、買いに走ったら、
そこが天井だったということもあります。


(ただし、逆に節目などの前の高値を大きくブレークしていくケースもありますが
確率は3割程度で低い。ブレークアウトだけを狙うトレーダーもいます)

3.明確な反転シグルが発生するまでトレンドは継続する

この後の株価がどうなるかの判断は、過去の株価や相場状況からしか
判断ができないので、過去のチャートにできる節目はどうしても注目され、
注文が集中しやすい。

下の図(チャート)は下げ続けていた相場から、上昇へと転換していくところを
示しています。

節目とは、例えば前の高値や前の安値、切れのよい価格、移動平均線の位置などをいいます。
この節目を投資参加者が意識してどのような売買行動をとるかが観察ポイントになります。

大事なのはなぜ?そうなったかを考え続けること。

なぜこのような動きになるのか市場参加者の気持ちを理解することです。

①では、過去の株価の高値(抵抗線)につきあたり、超えてくると思う投資家よりも
ここまでと思う、まだ疑心暗鬼な投資家の方が多く、値を下げていきます。


下げトレンド継続です。

下落途中では、前回の高値を超えていないので、①の手前でまだ下げ継続だと思う参加者も多い
こともあり②に向かってそれなりにしっかり下げてきます

下げにくるにつれて、今度は長期の投資家がポジションを買い増し始め②のポイントで買いが売りを上回って再び上昇を始めます


上昇ダウのためのベースができます。

次に③で前回の高値①を超えるかが焦点となってきます。

そのため③の手前やライン上では、買いポジションを持っていた
トレーダーの中で、一度利益確定をしておこうという、慎重派によって
少し株価を戻すような動きが見られます

この時、長期派の追加注文や、①を超えたら買いたいと思うブレーク狙いのトレーダーが
①の高値ラインの上に指値注文を集中
して入れます。

また①でまだ下降トレンドだと判断した投資家たち(空売り)の損切の買い注文も集中しています。

①を株価が超えてくると、これらの注文を一気に巻き込んで株価が上昇していきます。

この手法がブレークアウトですが、単に高値を超えたからという理由だけではなく
注文の集中するポイント、意識されている節目かどうかを見極めないと勝率が高くなりません

なので、チャート分析も今の部分だけではなく、長いチャートを見てその高値(安値)が過去の節目として意識されているかどうかを見ていく必要があります。

つまり、過去の高値どうしや安値どうしを結ぶ水平線を引くことが大事です。

長いチャートを見て、今の状況になっているのはなぜか?って考えて見ることです。

④で再び過去の株価に影響され、売り注文が集中し株価が戻ります。

もっとも、影響される節目となるラインがなければ、もう少し長いトレンドになることもあります。
(エリオット波動の第3波にあたるところ)

この時、前回①の節目のラインで抵抗線になっていたところが、今度は支持線(サポート)に変ることが多いです。

このラインを下に割ってきた場合は、③で買いポジション持っていたトレーダー達がの
損切り注文を巻き込むことが多いため、深い押し目となる場合があります。

⑤のラインの少し上には逆張り買い注文が多く入っています。

なので、④から⑤へと株価が下げてくる途中に買い注文が入ることによって、下げのスピードが落ちま

その減速した動きを見て、さらに買い注文が入ります。

そして、⑤から⑥へと再度、上昇していきます。

①のラインを抵抗線として考えるトレーダーが多いので、あらたに買い増しの位置として意識されやすく、サポートされ株価が反発すると買い注文が集中しやすくなります。

この動きもトレンドを継続させる力になっています。

もし、⑤のラインを株価が割り込んできた場合でも、今度は②のラインを最終防衛ラインと考え
逆張り注文を入れているトレーダーによって買い支えられます。

このとき、株価が上げてくることによって、「グランビルの法則」の買いの2の条件、
(株価が移動平均線を割るが移動平均線は上昇トレンドのまま)

移動平均線を割った株価が反発するシグナルをローソク足が見みせているかどうか。

これが成立する為には②の安値を株価が割らないこと、上の図のようなダウの継続が必要となります。

つまり、安値が切り上がり、高値の更新が継続するまではトレンドが継続していると判断します。

実践では④~⑦の高値更新時に株価の伸びが小さくなって、
オシレーター(投資心理の強弱の指標)にダイバージェンスが現われることがよくあります。
   ↓             ↓     
(例えば、④から⑦の株価は右肩上がりなのに相対するRSIが逆の右肩下がりの場合
には弱気と判断できる)


上昇力が鈍くなったと判断して利益確定してよいと思います。

ただし、ダイバージェンスが出来たからといって、直ぐにトレンドの転換のサインととらえるのではなく、あくまで、相場の勢いが弱くなっただけであり転換と捉えるにはその後の高値の切り下げを待った方がベターです。

投資の原理原則を学びたい
こちらの無料の限定動画でどうぞ!

 

広告