ストレスを発散したい!肩の力を抜きへそ下3寸を意識する

ストレスの解消に合気道は役に立つ

スポンサーリンク




合気道の稽古を再開した
数日前、30代の女性1名と40代男性2名が体験入門を経て、正式会員になったようだ。

男性の1名はどうも転勤族みたいです。

彼らが一体どんな動機入会したかは謎です(笑)

あらてめて「合気道」の良さを考えてみた。

今、あなたがストレス過多で身動きがとれない精神状態ならば、
合気道の稽古をして、ストレスを解消を図ることも良い方法だと思います

心を強くする

気道を始めたのは、30代に入った頃だ。
20代とは違い、仕事や家庭からのプレッシャーを実感するようになり、得たいの知れない失望感や恐怖感を抱き始めた。

い時はなんでも新鮮ルンルン気分でいられたが、仕事にも慣れてきて少しマンネリ感を持ちながら、一方ではもっと上を目指ざさなければいけないと焦ってもいた。

周りとの収入格差を感じて、こんな生き方で果たして大丈夫なのか、葛藤も芽生え始めていた。

職場の人間関係や、家族の問題もあったりと、右往左往もします。

簡単に言うと、心の中がグチャグチャ、いらいら、自分でどうしたら良いかわからない。

想像していたように、人生はうまくいかないもんだと自覚してくる。

そのいらいら感をあからさまに外に出すと、これまた大変なことが始まるのだが。

そんな時に、このままじゃ持たないなと、駆け込み寺の一つとして
走ったのが「合気道」だった。

こころを強くしたい!

「合気道」という武道はなんとなく知っていました。

ご存じの方も多いかもしれませんが、女優の「由美 かおる」さんや映画俳優「スティーヴン・セガール」
さんは
合気道経験者で有名です。

日頃のストレスを緩和


0年以上も今日まで、紆余曲折を経ながら「へぼ稽古」してきたことになります。

僕が初めて道場に顔を出したある日、Kさんという80歳近い高齢の道場長がいらして

いや、体が固くて稽古についていけるか心配なんです』と僕

場長曰くその年齢で、なにも体を動かさないともっと酷くなるぞ!

合気道は氣だ。氣だよ。書類に向かって気を出すんだよ!』

はあ!ハイ』と僕。

なんか分かったようでわからないような(笑)

叱咤激励を受けたのでした。

こうして今日まで合気道人生”と言えるかは微妙なところですが、

『体と心も道具、磨かないと曇るし汚れるし!』と鏡や靴と同じやないか!

ミソは『心』も道具というところ、なんかこの頃なるほどねって思えて来た。
これは本当に重要な気づきだと思う!

無駄な力を抜く

僕には難しいことは良くわからないが、

合気道を始めて見たいと思っているけれど、なかなか一歩を踏み出せない、

そいう方もたくさんいるのではないかと想像しています。

無駄な「力を抜く」ことが大切

抜いた力はへそ下3寸へ(臍下丹田)

世間ではよく「力を抜いてリラックスしよう!」
などど、簡単に言いますが、

なんの訓練や練習もせずに果たして、心身ともにこれができるか?

これが日々の生活で普通にできていないから、ストレスが溜まる。

ところが、合気道の稽古を続けていると、なんかそれが少しずつできるようになる。

長時間の車の運転無駄な力は肩が凝るし姿勢も悪くなる
眼も疲れるこれが疲れにくくなった。

そして、稽古の効果が出てきたか実験だ!

歯医者さんに行った時を想像してほしい。

口に治療器具を入れられるので、
最初は自然反射で力が入る。
それで、歯医者さんが
「そんなに力をいれないで」の声、

ここで、意識的転換して力が抜けるようになればOKだ。

それが、どうしたと言われればそうなんですが、
客観的に力が入っていることを自覚することができて、

直ぐに、意識して、肩の力を抜くことができる。

最初は、ここから始まる。

この事が、今後の人生いろんなシーンいろいろ応用ができそうな気がする。

デスクワークでも肩に無駄な力が入らず、そして目の前のこと氣を集中させる。

少し話しが飛躍するですが、その延長線上には避けて通れない、人との関係においても「生き易い」
心身の使い方があるように思えるのです。

合気道の良さ


1.まず、年齢を気にせず始められること。

40代や50代からも始める人も多いです。

60歳で始めて、初段を取得した人は、入門したときに
僕に理由を聞かれ、「ただのオヤジで終わりたくないからな」とよく言っていた。

寧ろ、僕の印象では、20代から始める人よりも30代以上の比較的、
社会経験の多い人は真面目で長続きするな
感じがします。

いろいろな人生の思いを乗せて入門してくるからでしょうか。

そして、20代には20代の合気道があり、30代、40代、50代、60代と
それぞれの体力に合わせたその人なりの合気道があるように思えます。

2.左右均等に、技を掛けるので左右の体のバランス調整にもってこい。

3.基本、畳の上を素足で動いたり(すり足、歩み足、つぎ足etc)、無理のない
受身の稽古することで肩こりが緩和する

4.通常の柔軟体操のほか、合気道独特の手首体操などがあり普段鍛えられない関節が柔らかくなる。

5.道具にあまりお金がかからない。基本、道着(上下)ひとつですぐに開始できる。

は有段者以上、僕の通う道場では女性は3級以上です。
道場備付けもありますが、場合によっては杖や木剣が必要となります。

6.呼吸投げの技に見られるように、普段意識しない呼吸に対しても意識することで、
集中力や前向きな気持ちになる。

7.相手の力を利用する技が中心なので、相手の力を感じながら稽古するので感が鋭くなる。

8.相手の力を利用するので、あまり体力差が気にならない。だから力のない女性でもOK。

体の小さな僕にとって、実はこれが最初から大きな魅力でした。
大きな外国人を相手にしたときにも体力差に動じなくなります。

9.稽古のスタイルが、攻めと守りを稽古者がそれぞれ交互に行い
お互いに協力しながら練習するので、融和が図られる。

10.試合や競技をしない武道

試合はない


ここは、いろんな考えや意見のあるところです。

柔道、空手その他の武道は、競技としての華やかさがあります。

他方一部例外はあるが、基本競技のない武道が合気道です。

しかしながら、これこそ僕が気に入っているところです。

僕もスポーツ大好き人間です。

これまでも野球、レスリング、登山、スキーにと浅く広く付き合ってきました。

いろんな考え方があると思いますが、会員も45歳のHさんや52歳のNさん等から話しを
聞いたことがあります。

2人とも空手をやってきた人たちなんですが、「もしこの年齢から空手を始めるとしたら、
ハードルが高すぎてなかなか大変だと思います」

「合気道は武道としての厳しさもありますが、どちらかというと、ゆっくりとやさしく
心身を鍛えてくれます」

「そして日頃のストレスを解消してくれます」

「他の競技中心の武道では、自然と上下関係も厳しくて
なかなかこのような和気藹々とした空気にはならないでしょう」ということでした

 合気道には基本、競技がないですが演武会や講習会などがあります。
早稲田大学などでは富木流合気道で競技を行ってています)

地方で稽古していると中央で開催される演武会や講習会に出席して、演武したりすることは励みになります。


道友と久しぶりに会い、稽古するのは理屈抜きで楽しいです
また、面白くて格好がいいと思えないと長続きしませんよね。

昨年はこんなこともありました。
定年退職して、キャンピングカーで旅行中兵庫県からやってきた男性でしたが、
道場に立ち寄り一緒に稽古しました。

勿論、初めてお会いした人ですが要領がよく、シャワーを浴びてリフレッシュして
次の目的地に向かったようです。

全国の道場を訪ね歩く旅も良いかも知れません。

稽古が中心


それでも、中心は日々の道場での稽古です。

一緒に稽古しているT女子は仕事をもち、数年前に子育てが一段落したらしい。

旦那さんの理解を得て、なんと週4回も稽古を始め、今年、見事に初段獲得という兵(つわもの)です。

そのポジテブ満載に脱帽です。

僕の稽古している道場では、小学生以下の子供たちが30人以上も稽古して賑やかです。

でも、3歳の児童が自ら合気道に入門したいと言って始めたとは思えません(笑)

若い親御さんの目には今、なにが写って見えているのか?

ますます高度に複雑化するこの時代、そんな背景が子供の将来に必要なものとして、
合気道の稽古を選択させているのかもしれません。

もやもやしている生活で、いらいらしているのなら、ちょっとだけ勇気を出して、
合気道の稽古をしてみたらどうでしょう?

稽古することで、非日常感を少し感じてみたら、あなたの気分や価値観に
よい影響を与えるかもしれませんよ!

ものは試しです! 

良いことばかりを並べましたが、最後にご注意して下さい。

その気になって始めても決して急がないで下さい。

ついつい、早く上達しようとして稽古に熱が入り、無理をします。

ゆっくりと、ゆっくりと、心と体を鍛えましょう!

広告