株初心者が損切りを考えるときのポイントは!ロスカットは保険料?

株神様に聞いてみようNo5 損切 

スポンサーリンク




Saruです。

 

「損切り」「利益確定」の判断をどうするかは、株の初心者にとっては気になるところだと思います。

今回はその1として、損切り(ロスカット)の考え方及び設定と資金を守ることについて考察します

株の売買の構成

 

株式投資は「銘柄」の選択と「タイミング」そして「資金管理」で構成されています。

この中で何が一番重要かと問われたら、ズバリ、「資金管理」ということになります。

 

株式市場に長く生き続ける為には、資金を守ることに徹することがその原点だからです。

 

利益を求めて始める投資なのに、資金を守るということを書いたので違和感を持たれたかもしれません。

 

でも経験者ならわかるはずですが、儲けたいと思えば思うほど、なかなか儲けられないのが株式投資なのです。

日本最大の投資家向け専門店 トレーダーズショップ

 

そこでなにかルールを作らなければならないとか、統計をとらなけばならないとか、小さく入れて分割売買するなど、自然にいろいろとアイデアが浮かんできます。

なんだ当り前のことじゃないかと笑われるかもしれませんが、これがなかなかできずに泣いているのが大方の現実なんです。

全く持って予想に反して上がると思えば下がり、下がると思えば上がる、それが相場です。

 

どんなにすばらしい手法をもってきたとしても100%当てることなどできませんし、トレンドがないときには儲けることはできません。

今は上昇なの?下落なの?それとも横バイなの?

 


少し乱暴な言い方になりますがどちらに優位性があるのか、お金を賭けるゲームがあなたの憧れの株のトレードです。

 

そんな不確実なものに人生を賭けて?初心者もプロも関係なく、同じ土俵で戦う厳しい世界なのですからもう大変です。

 

株の初心者が資金を守ることに徹した行動をせず、フルスイングで資金をつぎ込んだらどうなるでしょうか?

 

勉強半ばで株式投資やトレードのことを何もわからないまま一発退場させらてしまいます。

これでは、人生の貴重な時間を浪費してしまいます!

松井証券の魅力、まずはお試しください。

 


お金と時間を失ってほぼ何も残らない!

 

退場させられなくても、大きく資金を減らすと次に絶好の買いのタイミングがあったとしても、ただ指を加えて見ているしかないという機会損失になります。

資金を守っていれば、次の大きな波に乗れたかもしれないのです。

 

なぜなら、相場に長くいればわかりますが、株は上げ下げを繰り返す波だからです。

 

株のプロによる推奨銘柄はコチラ!

 

株の損切りは保険料とみなす

 

僕が株の勉強でプロからよく聞かされたことは、「自分で決めた損切りができるようになれば一人前」ということでした。


これを
言うのは簡単なことですが最初は毎回のロスカットが痛くてしょうがない。

 

ロスカット位置を移動させることもよくありました(笑)

 

今でも損切りはもちろん気分はよくないですが以前ほど不快な感情は湧かず、諦めとか麻痺しているような感じです。

 


ただし単に我慢をしているだけではないのです。

自分の決めたルールがあり、それによってトータル収支がプラス(例えば1年の終わりには収支が黒字)になることを統計的にも確率の高いことを検証しているからです。

 

もちろん、絶対的な収益プラスを確約されたルールではありませんが、とりあえず検証時点では期待値がプラスになるということです。

 

なので、エントリー(買いや売りのタイミング)とエグジット(利食いとてロスカットの2つ出口)を自分の決めたルールとして継続して売買するということが前提となります。

 

だからこそ、潔く損切りで発生した損失を必要経費として諦めることができます。

 

株式投資で必ず勝てる法則はありませんが、例えば損失と利益の割合が1:3以上で期待値がプラスになるような再現性のあるルールを作ることを考えるのも一つです。

 

自分のルールを継続して一つ一つのトレードの勝ちに執着するのではなく、トータルで利益になればよいという考え方が精神的に楽だと思います。

 

そうすることで、少しは感情に左右されない仕組みを作ることが出来ます。

 

 

そして、資金を小さくして小テストを繰り返しながら、うまくいかなければルールの改善をします。

 

気になる銘柄の過去チャート検証や、自分の売買記録を見直すなどをして、タイミングが早いのか、遅いのか、勝率が高くても、利益率が低いなどの改善余地があればしっかりルールを見直しておくことが必要です。

 

確かに7連敗もするものなら、結構いやになりますが(笑)

 

今なら無料のオンライン講座!投資の達人講座

 

 

ただ知っておかなければならないことは、すべての相場状況に機能するルールもまた存在しないということです。

 

株のロスカットは、LossをCutすること

 

ロスカットは、Loss をCutすることであり損失を止めることだと、割り切ってもう慣れるしかないというのが結論です。

 

問題は、せっかく検証テストからルール化してもその勝率や利益率から気持ちが離れてしまって、連敗が続くと感情に左右されてしまい、いつの間にか自分で決めた損切りを無視する弱さです。

徐々に含み損が出てくると、まだもう少し、待って見ようか、いや今回は戻るかもしれない。

 

そして、ルールを破ってしまう。

 

まあ、株価は戻るかもしれませんがいつ戻るかは誰もわかりませんし、その保証を誰もしてくれません。

 

わからないことを結果を見て、「やっぱりな」とわかっていたように呟くのが素人の特徴です。

 

だから考え方を変えて、損切は明日の銘柄を買うための保険料だと割りきるしかないのです。

 

損失の許容範囲については、そもそも投資する人によって性格や投資に回す余裕資金が異なりますので、自分の許容できる損失をどこにおくのか、株数をいくらにするのかを含めて、痛みをより小さくするためには自分と向き合うことが必要となります。

 

当然ながら大きな損をしたくなければ、欲も抑えるしかありません。

 

資金管理をしっかりしていたなら、そんなに酷い結果にならないと思います。

株価のロスカット位置の決め方


ロスカットは、簡単に言ってしまうと各人の許容できる損失額が一つの目安となります。

 

それは例えば、投資期間が短期、中期、長期、どの時間軸によってトレードするのか、売買手法が順張り、逆張り、ブレークアウトなど、なにを使うのか投資戦略によっても異なります。

 

損切りの位置については以下のように考えることができます。

 

①自分の売買ルールの勝率と利益率を考慮して約定価格からの値下がり幅や資金全体の減少率%で決める。

例えば勝率3割程度しかない高値超えや持合い突破を狙うブレーク手法では、約定株価から5テイック~10テイック(テイックは呼値の刻み)株価が下回ると損切りを行ったり、最悪でも資金全体の2%以内にするなど損失を小さく限定します。

 

②自分のルールの買いの根拠が崩れたところ

例えば日柄と節目(前の高値、安値、切れのよい価格、移動平均線、トレンドラインなど)を買いエントリーの根拠としていたときに株価が変化したので損切り(ロスカット)する。

 

いづれも損切り貧乏にならないように買のタイミングやターゲットプライスを自分で検証してから実践する必要があります。

 

逆行(騙し)することはもちろんありますが、それでもトータルプラスの収益なら大成功なわけです。

 

相場をコントロールすることは無理ですが、損切り(ロスカット)と株数(ポジションサイズ)をコントロールすることによって損失を限定することだけは出来ます。

僕のようなビビリ君は、損は出来るだけ小さくしたいので上昇相場であっても日柄などを見て、調整しそうだなと思ったら無理をせずにロットを小さくしています。

 

最大損失を総資金の2%以内に抑える投資方法についてはこちらに記事を載せています。

   ↓     ↓

「損切」と「購入額」の決める方法についてはこちらから

 

まとめ

 

損切りについてお伝えしてきましたが、人間は本来的に損切りが苦手です。

 

利益が出ているときは損失回避的な利益確定が早くなりやすく、反対に、損失が出ている場合はその損失を取り戻そうと、より大きなリスクを取ろうとしやすくなります。

 

これをプロスペクト理論といいますが、下の表を見ると損切が遅れて資金を減らすと元に戻すのは大変だということがわかります。

 

前に記したように大きく資金を減らすと、次に絶好の買いのタイミングがあったとしても、ただ指を加えて見ているしかないという悔しい思いをすることになります。

 

       資金の減少   元に戻るための利益率
         -10%         11%の上昇
         -20%         25%の上昇
         -30%         42%の上昇
         -40%         66%の上昇
         -50%        100%の上昇
         -60%        250%の上昇
         -70%        330%の上昇
         -80%        500%の上昇
         -90%       1000%の上昇

 

 

利益確定や利を伸ばす方法についてはこちらから

  ↓    ↓

⇒「株初心者の利食いはどうすればよいのか」

 

 

投資にあたっては、ご自身の判断で自己責任で行いましょう!

 

広告