株初心者は損切りと利益確定の判断をどうするか?

株神様に聞いてみようNo5 損切 

スポンサーリンク




Saruです。

「損切り」「利益確定」判断をどうするかは、

株の初心者にとっては気になるところだと思う。

今回はその1、損切り(ロスカット)についてザックリとお伝えします。

一発退場を避ける


トレードは「銘柄」
の選択、「タイミング」
「資金管理」構成されています。

相場に生き残る為には、なにが一番重要なのかというと、ズバリ「資金を守る」これしかない。

相場に向かう姿勢はこれが原点だ。ここからなにかルールを作らねばとか、統計をとらねばとかの自然
思考が発生となるのだ!

なんだ当り前のことじゃんと笑うかもしれないが、これができないから泣いているのが現実なんです。

上がると思えば下がり、下がると思えば上がる、それが相場だ。

どんなすばらしい、ルールをもってきても100%当てることなどできないし、トレンドがないときは動きません。

こんなどうしようもない、上昇なの?下落なの?横バイ?どっちなの?
優位性
賭けるゲームがあなたの憧れの株のトレードだ。そんな不確実なもの人生を賭けてこれに参戦している。

しかも、初心者もプロも関係なく同じ土俵で戦う厳しい世界なのだ。

意識しています?

株の初心者「資金を守る」ことに徹した行動をとらないとどうなるでしょうか?

最悪、勉強半ばトレードのことを何もわからないまま退場させらてしまいます。

人生の貴重な時間を浪費してしまいます!
お金と時間失ってほぼ何も残らない。

退場させられなくても、大きく資金を減らすと次の絶好のエントリー機会を見ているしかない。

資金を守っていれば次の大きな波乗れたかもしれないのです。

なぜなら、相場に長くいればわかるが、株は上げ下げを繰り返すものだからです。

機会損失です。

ロスカットは必要


ところが、これを言うのは簡単だが最初は毎回のロスカットが痛くてしょうがない。

今でも嫌だけれど(笑)、麻痺してくる。
ただし単に我慢をしているのではない。

検証した自分のルールがあって、トータルの収支がプラス(例えば1年の終わりには収支が黒字)になることを統計的確認している必要がある。

もちろんこれとて絶対的なプラスを確約されたものではないが、とりあえずそのルールでエントリーとエグジットそしてロスカット位置をルール化して実践している前提の話だ。

だから、堪えれるし、諦めと改善が出来るのだ。

少しは、投資は自己責任での本当の意味ができるのではないかと思う。

それでも本能として5連敗もするものなら、結構いやになる。

どっちにしても100%ロスカット回避することはできない。

問題は、せっかくの検証テストの勝率や利益率から離れてしまって、心は勝ちありきと

いつの間にか自分で決めたルールを無視する弱さだ。

徐々に含み損が出てくると、まだもう少し、待って見ようか、いや今回は戻るかもしれない。

そして、ルールを破ってしまう。

まあ、戻るかもしれないがいつ戻るかの保証はないし、戻らないかもしれない。

わからないことだったのに、結果を見て、やっぱりなとわかっていたように呟くのが素人だ。

だから考え方を変えて、損切は明日の銘柄を買うための保険料だと割りきるしかない。

ロスカットは、Loss をCutすることであり損失を止めることだと、割り切ってもう慣れるしかない。

それができないのなら、悪いことは言わない、早く撤退した方が身のためだ。

余裕資金を見て、自分の許容できる損失をどこにするか、売買のロット数も最小単元にするとか、

痛みをより小さくするために自分と向き合うことが必要となる。
損をしたくなければ、欲も抑えるしかない。

自分のルールを継続して1つ1つのトレードで勝ちに執着するのではなく、トータルで利益になればよいという考え方ができ、1月からスタートして12月にプラスになればよいくらいの余裕が必要なのだ!

でもそれには早くトータルプラス成功体験が持ちたい。
自信をつけたいからだ。

もちろん手法が相場に合わなければ、トータルマイナスで終わることもある、これも受け入れなければならない。
それでも資金管理をしっかりしていたなら、そんなに酷い結果にならないと思う。

また「損切貧乏」になってしまわないためには、期待値が損失と利益の割合でプラスとなる、
つまり3対1とか益が大となる仮説や売買ルールとなっているか、基本的なことにも注意したい。

この辺は、ルール化するときに銘柄の過去チャート検証や、自分の売買記録を見直すなどをして、

タイミングが早いのか、遅いのか、勝率が高くても、利益率が低いなどの改善余地があればしっかり
ルールを見直してみよう!

ロスカットの位置


ロスカットの設定
については条件によって異なる、

1.各人の余裕資金からみた損失の許容範囲
2.短期、中期、長期、どの時間軸によってトレードするのか
3.手法が順張り、逆張り、ブレークアウトなどなにを使うのか

短期ブレークアウトでは、勝率が3割程度なので約定株価から5テイック~10テイック(テイックは呼値の刻み) 最悪でも資金全体2%以内にしているなど様々だ。

それでも、ルールを守りトータルプラスに持っていく。

僕の場合は自分の①エントリーした根拠が崩れたところや、②節目で(前の高値、安値、切れのよい価格、移動平均線、トレンドラインなど)どのような動き、変化があったかを見て損切り(ロスカット)をするようなことが多い。

もちろん底から逆行(騙し)することは検証どおりだ。それでもトータルプラスならいいわけだ。

相場をコントロールすることは出来ないが、損切り(ロスカット)とポジションサイズのコントロールだけは出来ます。

ヤバいと思ったら、逃げるだけだ!

僕のようなビビリ君は、損は出来るだけ小さくしたいので、上昇相場であっても日柄などを見て、調整しそうだなと思ったら、無理をせずにロットを小さくする。

こんな繊細さも必要なのです。

そして、最大損失は総資金の2%以内に抑えるようにしています。
過度に相場に期待して何度もやられた経験から身に染みているのです。

「損切」と「購入額」の決める方法についてはこちらから

 

資金を減らすと元に戻すのは大変!

 資金の減少  元に戻るための利益率
-10% 11%の上昇
-20% 25%の上昇
-30% 42%の上昇
-40% 66%の上昇
-50% 100%の上昇
-60% 250%の上昇
-70% 330%の上昇
-80% 500%の上昇
-90% 1000%の上昇

投資にあたっては、ご自身の判断で自己責任で行いましょう!

 

⇒「株初心者の利食いはどうすればよいのか」

 

「生き残る為に見ておきたい無料限定動画」
   ↓ ↓

https://lifeinvestment.net/l/c/BEuzA4Vj/omw8S6bF

広告