株初心者は損切りと利益確定の判断基準をどうしたらよいか?

株神様に聞いてみようNo5 損切 

 こんにちは!Saruです。
「損切り」と「利益確定」の判断をどうするかは、
株の初心者にとっては気になるところだと思います。

今回はその1、損切り(ロスカット)についてザックリ
と見ていきましょう。

株式市場から、退場させられないためには?

その前に、
株のトレードは、「銘柄選択、「タイミング」、
「資金管理」で構成されています。が、

相場に生き残る為には、なにが一番、重要なんでしょうか?

 

「生き残る為に見ておきたい無料限定動画」はこちらから


ズバリ、

「資金を守る」、これしかないですよね。


 

 相場に向かう姿勢はこれが原点だと思います。
ここから、ルールを作ったり、工夫するんですから。



上がると思えば下がり、下がると思えば上がる。



どんなすばらしい、ルールをもってきても100%当てることなど
できませんし、トレンドがないときは動きません。

こんなどうしようもない、上昇なの?下落なの?(そして横バイ?)
どっちが優位なのかに賭けるゲーム



これに参戦しているのです。

しかも、初心者もプロも関係なく、同じ土俵で
戦う厳しい世界です。



株初心者が、「資金を守る」ことに徹した行動をとらないと、
どうなるでしょうか?



 最悪、勉強半ばで、トレードのことを何もわからないまま、
退場させらてしまいます。



お金と時間を失って、ほぼ何も残らない。



退場させられなくても、大きく資金を減らすと、
絶好のエントリー機会
を見ているしかないです。

資金を守っていれば、次の大きな波に乗れたかもしれないのです


機会損失です。

 

「資金を守る」ためには、ロスカットが必要。

ところが、
これを言うのは簡単ですが、最初は毎回のロスカット
痛くてしょうがないんですね



今でもいやですけれど(笑)。

 

 それで、もう少し、なんとかならないものかと
いろいろ勉強して、検証テストを繰り返し

エントリーと、エグジットのタイミングをルール化して、
ロスカットの位置も決めてやるんですが、
3連敗もするものなら、結構いやになるもんです。



100%ロスカット回避することはできないのにね。



すでに、検証テストの勝率や利益率から離れてしまって
心は勝ちありきと向かっているのですから。



ストレス満載です。


そして、徐々に含み損が出てくると、まだもう少し、
待って見ようか、いや
今回は戻るかもしれない。



そして、ルールを破ります



まあ、戻るかもしれませんが、いつ戻るかの保証は

ないですよね。



ですから、考え方を変えて、損切は

明日の銘柄を買うための保険料だと割りきります。



ロスカットはLoss をCutすること→損失を止めることだと、
割り切って、もう慣れるしかないです。



自分の許容できる損失をどこにするか、

最初は、売買のロット数も最小単元にするとか、



痛みをより小さくするために自分と向き合うことが
必要となります。



出来るだけ損したくなければ、欲も抑えるしかないと
思いませんか?



この考え方をするには、土台が必要な気がします



1つ1つのトレードで勝ちに執着するのではなく、
トータルで利益になればよいという考え方。



1月からスタートして12月にプラスになればよい、
くらいの余裕が必要です。



それと、トータルプラスの成功体験が必要となります。



 もちろん、手法が相場に合わず、トータルマイナスで
終わることもあるでしょうが。



資金管理をしっかりしていたなら、そんなに酷い結果
にならないと思います。



また、なんでもかんでもロスカットをすると、「損切貧乏」
になってしまうので、期待値=損失と利益の割合
利益が大となる、売買ルールになっているか、



この辺は、ルール化するときに銘柄の過去チャート検証や、
自分の売買記録を見直すなどをして、



タイミングが早いのか、遅いのか、
勝率が高くても、利益率が低いなどの
改善余地があればしっかり
ルールを見直してみましょう?

それには、

こちらも参考にしてみてください!

 

ロスカットの位置の考え方

ロスカットの設定については、

1、資金量による各人の損失の許容範囲
2、短期、中期、長期、どの時間軸によってトレードするのか
3、手法は(順張り、逆張り、ブレークアウトなど)なにを使うのか
  によっても異なると思いますので一概にいえません。



短期ブレークアウトをやっている人では、勝率が3割程度ですので
約定株価から5テイック~10テイック
         (テイックは呼値の刻み)

 最悪でも資金全体の2%以内にしている人など様々です。


それでも、ルールを守り、
(時には人間ですから、守れない時もあると思いますが、)
トータルプラスに持っていく。



僕の場合は、
自分のエントリーした根拠が崩れたところや

節目で(前の高値、安値、切れのよい価格、
移動平均線、トレンドラインなど)

どのような動き、変化があったかを見て、
損切り(ロスカット)をするようなことが多い。



 僕たちが相場をコントロールすることは出来ませんが
損切り(ロスカット)とポジションサイズのコントロールは出来ます。



僕のようなビビリ君は、損は出来るだけ小さくしたいので
上昇相場であっても、日柄などを見て、調整しそうだなと思ったら、
無理をせずにロットを小さくします



そして、最大損失は総資金の2%以内に抑えるようにしています

過度に相場に期待して、何度もやられた経験から身に染みているのです。

「損切」と「購入額」の決める方法についてはこちらから

 

ロスカットができないと、元に戻るのに大変!

 資金の減少 元に戻るための利益率
-10%11%の上昇
-20%25%の上昇
-30%42%の上昇
-40%66%の上昇
-50%100%の上昇
-60%250%の上昇
-70%330%の上昇
-80%500%の上昇
-90%1000%の上昇

相場は絶対のない世界です。
投資にあたっては、ご自身の判断で、
自己責任で行いましょう!!

次回もよろしく、お願いします。
有難うございました。

「株初心者の利食いはどうすればよいのか」はこちらから