株の初心者が移動平均線を使い勝つ方法!

スポンサーリンク




Saruです。

株を始めると、この後は上昇しやすいのかそれともまだ下落傾向が強いのか、なにか判断するテクニカル指標が欲しくまりますよね。

はい、あります!

テクニカル指標

移動平均線トレンド系の指標のひとつで、その発展系にMACDがあります。

ちなみに、買われすぎ、売られすぎなどの過熱感を参考とするためのオシレーター系として、
RSIストキャステイクスほか、たくさんあります。

でも、すべてリアルな株価を後から加工して作ったものですよね。

複雑そうなものがなんとなく、ご利益がありそうですが、どれも似た様なものに思えます。

というよりも全部覚えるのも大変です。

移動平均線やトレンドライン以外では好みで2つぐらい、たまに参考にする程度です。

 

株価の方向性を見る

移動平均線は5日線、25日線、75日線はそれぞれ、過去5日間、25日間、75日間の平均価格となります。

株価は、その時々の売買の合意ですので、移動平均線はその設定した期間での合意した価格の平均値の流れがわかります。

例えば、25日移動平均線が上向きで、株価が移動平均線よりにあれば、過去25日の間に、この株を買った人のほとんどが含み益になっているので、心理的にはハッピーというシナリオが立てられます。

逆に下向きで、その株価が下にあれば含み損を抱えているという見方ができます。

こんなとき、大衆の心理はどうなのか?

少なくても気分は良くないですよね。そんな人達は次にどんな行動をしてくるのか?

但し、いつまでもトレンドが続くとは限りません。

下がり続けることもないし、上げ続けることもありません。

それをどう感知するか?

移動平均線を読む 

 

では、具体的にチャートを見てみましょう。
(スイングトレードを前提)
日足を例にとり、仮に短期線、中期線、長期線として理解しやすいように、このような見方をします。

5日線(短期線)ローソク足と大体一緒に動いています。
25日線(中期線)相場の方向性を見る肝心な線です。
75日線(長期線)ファンダメンタルズの流れのようなものです。

まず、相場の方向性が分かりやすい25日移動平均線(MA)の流れ傾きに注意してみます。

チャートの25日線が下向きでは、株価が少し戻っても抵抗されて跳ね返されるような動きがみられます。

逆に、株価が上昇しやすい環境では25日線が水平になりつつあるところを株価が抜いていくところ
合意による平均株価を超えてきたところはここからは株価が上昇しやすいと仮定します。

もういちど見てみましょう。
チャートの左端から、25日線の右肩下がりが続いています。
その下でローソク足(株価)が動いています。
①では、まだ右肩下がり気味の25日線を一時、ローソク足陽線が超えますが、すぐにまた25日線を割り込みます。

その後25日線の傾きが水平から上向きに変わり、②で大陽線で抜けていきます。
暫く上昇して、やがて25日線を割って下落していきました。

25日線の上にローソク足がいるときは「ハッピーゾーン」逆に下にローソク足がいるときは「アンハッピーゾーン」と言えますよね。

ということは、25日線を相場の方向性を見る重要な線と仮定し、25日線の合意の平均が上向き始めてーソク足(株価)がそれを超えたらエントリーする。
そして「ハッピーゾーン」にいるときにだけ保有を継続する。

「アンハッピーゾーン」に切り替わったら手仕舞いをする。
というように考えてトレードしたら、優位な結果が得られそうです。

確かに、出来上がったチャートならば、結構簡単に見えますが、
実際のエントリーはチャートの右端で判断しなければなりません。



上のチャート図と同じ期間のチャートに、より短期の5日線と10日線を入れてみました。
株15移動平均線で勝てるか5日線、10日線NO1
ここでは、10日線に着目して、10日線の上にローソク足(株価)がいるときは、「ハッピーゾーン」、下にいるときは「アンハッピーゾーン」と仮定してエントリーのタイミング①~③、手仕舞いのタイミングをとれば25日線よりは早めの判断ができます。

 

 

続いて、長期線として75日線です。ファンダメンタルズ的な見方ができそうです。
株15移動平均線で勝てる75日線
75日間の株価平均線の合意が緩やかに動いています。

ここでも、移動平均線の上下でローソク足が「ハッピーゾーン」と「アンハッピーゾーン」のエリアが見てとれます。

まとめ

すべての投資家たちが移動平均線を見てトレードをしているわけではありません。

移動平均線だけで勝てるかは断定できませんが、「ハッピーゾーン」と「アンハッピーゾーン」
を知っていると、いないとでは「優位性」に大きな差がでると思います。

その優位性を生かしながら、自分なりのエントリーとエグジットのルールを作ることです。

そのためには、検証テストとチャートの読み方について訓練が必要です。

なので、日本水産(1332)のチャートの2018年5月以降の動きについては確かめて下さいね。

鵜呑みにせず、検証が大事です 

株初心者もローソク足で簡単ルールが作れる!?

 

実際の投資にあたっては、ご自身の判断で自己責任で行いましょう!

広告