株初心者 勝率アップのトレンドラインの活用(CTM2)

スポンサーリンク




Saruです。

1.株初心者でも 簡単に売買ルール が作れる考え方 (その2)
CTMルール 第2回(全3回)です。

株初心者でも 簡単に売買ルールが作れる考え方CTMその1

「投資は必要」か?

今の仕事が大好きで一生続けることのできる人やお金が足りている人は
は別としてそうではない人は、給料だけではお金と時間には余裕は
できないと感ているのではないでしょうか?

現在の僕らの住む経済社会環境は、 資本主義経済、デフレ、賃金低下、超低金利なんですよね

人生を豊かに生きる為に必要お金を増やしたい、投資の複利効果、
資産を雪だるま式に増加させたいという考え方の人もいて有りだと思う。

どうも日本ではお金の教育や投資の教育ってしてこなかったせいもあってか、
お金でお金を稼ぐということにあまり良いイメージを持っていない。

年金問題をきっかけに少し考え方を変えないと思った人たちもいるだろう。

まあそうしてくると、若いうちから投資の勉強はした方がしないよりいいですよね。

だっていくら長生きの時代だといっても誰にも寿命もありますし、時間に限りがあるので
時間を味方につける複利効果は、早く始めた方がいいに決まっているからです。

20代の人も50代、60代、70代の方も今からやればいい。

なぜか!それは単なるお金を得るとういう側面だけではなく、
社会や人生を観察する道具や頭を鍛える道具にも
なり得るからです。

投資額がたとえ小さくてもです。

はい!難しいことはさておき「CTMルール」全3回では 負け組から
脱したいという人、少しでも改善したいというあなたに、

①なぜ、これまで負けてばかりいたのか自然に理解できる。
②自分なりの売買ルールが作れる考え方が身につく。
③検証やチャートトレーニングを積むことでこれまでにない 成果が期待できる。

つまり株初心者でも 簡単に売買ルールが作れる思考に変化する。

前回(第1回目)の内容
・株で継続して勝っている人は10%未満
・売買ルール作成の3本の柱CTM
・ローソク足は心理を映す
・100%勝てる法則などないことを知る
・不確実だからこそルールを決めるしかない
・ルールを複雑化しない
・単純なローソク足だけの売買でも相場に合うと利益になる

あらためて、

CTM売買ルール3本の道具

1.ローソク足 (Candlesticks)
2. トレンドライン(Trend Line)
3.移動平均線(Moving Averege)

本日は2のトレンドラインです!

でもなぜ、トレンドラインなのか?

それは今、上昇なのか横ばいなのか下落なのか、
方向性を知るため!です。

買った方がよいのか、やめた方がよいのか、
戦略やシナリオをたてやすい、視覚化しやすいからです。

トレンドラインとはなにか?
トレンドラインとはマーケット参加者が意識している
節目をチャート上に図解化した線です。

トレンドラインには、下値支持線と、上値抵抗線があります
また、ほかにサブトレンドラインがある。

まず、は実際にトレンドラインを見て見ましょう。
あえて株のチャートではなくドル円の為替のチャートを出してみました。

チャートに見慣れておくといろんな投資対象に役に立つからです。

特に株の場合、為替相場やNYダウの影響を強く受けるので注意が必要です

投資信託やETFなど長期の積立投資、例えばドルコスト平均法で一定額を購入するという投資スタンスであっても、チャートをよく見ていれば暴落などで大きく値を下げてきたときから開始したり、スポット買いもできるのでさらに平均コストが安くできますよね。

チャートをよく見る癖ができていれば、ローソク足でなくとも終値だけのラインチャートでも優位に投資ができる可能性が出てきます。

トレンドラインの例(2006年~2019年)円ドルの為替です

はい、このように左のA-1、A-2の下向き、どんどん円高に向かう赤線
また右側のB-1、B-2のように黒線が円安方向に向かう上向きの線なんです。

 

トレンドラインの例(1993年~2019年)

さらに超長期のチャートをみると為替相場の特徴がよく見えます。
前のチャートは、右半分の青の四角の範囲でしたがもう少し長くみる。

1,2,3,4と結んで下向きのラインを引くと、周りの景色が良く見えます。
4の緑の〇でラインを飛び出します、すると前の高値3を少し超えますが、

そこで上げ下げを繰り返し、下落円高に向かいます。
そして今度は、

小さくて見えずらいですが100円の価格帯のところで、下げどまり、
また上昇しました。

この100円の位置の反発過去の安値、6、7にも同じように反発がみられました。

ここでなんか感じませんか?

明日のことはわからない・・・・
先のわからない不確実な相場、結局のところ、
過去の経緯がどうだったのかを確認することぐらいしか
参考にならないのかと・・・・

広告