株初心者 ローソク足簡単売買ルール(CTM1)

ローソク足とSU,SD

スポンサーリンク




saruです。

老後2千万円問題から将来の年金など社会保障制度に対する先行き不安もあり、
これまで株式投資など興味や関心が全くなかった人でさえ、
将来に備えて投資について
勉強をし
ておきたいという人が増えているようです

今回は、株式投資で使うツール『ローソク足』での売買例をお伝えします。

なぜなら、昔から使われているこの『ローソク足』は騙しもありますが、
それを含めても、株価の動き=人間の感情を表しているとみると投資、売買がしやすいからです。

でもその前に...

この数字は何を表したものかわかりますか?

    9.3% =通算して利益を上げている人
  61.6% =損失や含み損を抱えている人
  29.1% =損益トントンの人


実はこれはN證券が行った
個人投資家の株式投資動向調査の数字なんです。

根拠を持たず人の話を鵜呑みにする

上がるか下がるかの確率2分1の株式投資で勝ち組10%未満です。

これほど上手くいっていないのはなぜだと思いますか?

いろんな理由は考えられますが僕は根拠を持たずに人の話しを鵜呑みにして、
買ったり売ったりするということが大きな原因だと思います。


そして、直ぐ早く、大きく儲けたいと、値頃感で自分の希望だけで売買する、
自己都合の感情売買から抜け出せないからだと考えています。

そして、これではいかんと思った真面目な人は、絶対勝てる法則があるはずだと、
今度は
聖杯探しを始めて株の本や雑誌を買込んだり、セミナーや情報商材を
追い求め続けるんですね。

その結果はどうかというと、今度はルール作りでまた右往左往してしまいます。

なぜ?!

そもそも100%勝てる法則などはありません。
ないということを前提にしていないこと、その誤りにほとんどが気づかないんです。

もっと言うと、そのことを知らないでいると勝率が90%でも1度の負けで、
すべての利益を吹っ飛ばすのが株式投資です。

なにも勉強せずに始めてもうまくいかない、甘くない世界なんですね。
小資金で始められるメリエットもある株式投資ですが、まずは負けないため
どうするかを考えるのが先決です。

もちろん売買ルールを作るのはあなたですが、きちんとやればそんなに
ひどいことにはならないのです。

株初心者でも売買ルールを作るヒント

負け組から脱したい少しでもこれを改善したいというあなたには、
きっと参考になると思いますよ!その名は【CMTルール】です。

はい!全3回(予定)の記事をみて頂くと
① なぜ、これまで負けてばかりいたのか自然に理解できるだけではなく、

② 自分なりの売買ルールが作ることができるようになります。

③ 本気で検証やトレーニングを積むことで、これまでにない成果を上げることができる。

ルールはシンプルに!

いくら立派に見える売買ルールでも自分の生活スケジュールや我慢できないとか性格
に合わなっかたり
複雑すぎて使えないのでは意味がありませんよね。

確かに業績や売上高、財務・収支分析とかPER、PBR、ROEがどうのこうのなど
ファンダメンタルズ分析や沢山あるテクニカル指標、 MACD、RSI、
トキャスティクス、
ボリンジャーバンドなどでインジケータがどうのこうのと分析して
使いこなせるなら
それに超したことはないですが、

僕にはそんな目の回るようなことはできません!自分ができることをした方が楽でありませんか?

はい、ルールはシンプルにです!
もともと先のことがわからないのに難しく考えても損です!

なので、CTMの活用!?なんです。なんのこっちゃと思われたでしょう!

C= Candlesticks=ローソク足
T= Trend Line=トレンドライン
M=Moving Averege=移動平均線


1989年の株式市場最高値38、967円、バブル崩壊の前から株との
のつき合いですが、株式投資の道具3つだけ選べと言われれば、僕はCTMと答えます。

CTMの3つの道具は超優れもの

CTMの3つの道具は超優れものということで、あらためて1つ目の
ローソク足
2つ目はトレンドライン、 3つ目は移動平均線です。
はい!この3つを使ってルールのヒントを考えましょうということです
後でローソク足を使った売買実験をお見せしますので
楽しみにしてください。

広告