株初心者が損失を小さくする簡単な方法

スポンサーリンク




Saruです。

を始めて、暫くすると損失が怖くて買えない

こんな苦い経験を味わっていませんか?

とくに、時間軸が短いトレードをしていたときは、ロスカット幅は小さくしていたので

損切の頻度が高くなるのは覚悟の上なんですが、それでも、いざ損失が連続して発生すると、
これで、本当に大丈夫なのかって心配になるものです。

資金がずるずる減って行く、慣れていてもいやなのに恐怖です。

今回は、「損失の発生が怖い」についてお伝えします。

毎回これが怖いと感ずるのはストレスです。

根っこにあるのは、すべてのトレードで損失を回避したいと言う感情なんです。

損失を避けることはできない


だけは全く損をしないで、常に利益だけを持ち帰れると思っている。

しかし、トレードは正解がないものに投資することなので一生懸命勉強しても100点を貰えるようなことはまずない、むしろ自分の決めた理にかなったルールで継続して実行できたかが良いトレードなのだ。

むしろ図太さと粘り強さが必要な世界だ。

それならば、あらゆる損失を避けて、ここに居続けようとしても、

無理がありますよね。

そこで、仕方がないので、少しでも確率が高いところを狙おうと工夫します。

そのために、いろいろ統計をとったり、検証することは有効です。

例えば、この銘柄はこういう動きよりも、このような値動きをする方が多いとか
年間の特徴が見つけられれば、少し勝率が高くなるかもしれないのですから。


株の初心者が自前でルール作るってのは大変なので、例えば信頼できるトレーダーの売買手法を

参考にして、実際に統計をとり、検証をすることから始めてみたらよいと思います。

大抵はそのままでは使えないことに気づくはずですが。

そんな気づきがまたいろん意味でトレーニングになります。

サンプル数は100回以上「勝率」「平均利益」「平均損失」などを算出してみます。

自分で使えそうなものにアレンジして検証してみます。そして最終的にルール化してみる。

複雑だと挫折してしまうので確認しやすい簡単なルールが良いと思います。

自分で実際にできるものでないと意味がないです。

記録とルール


株が怖くて買えない2つ目の理由は、
自分のルールを持っていないからだと思います。

個々のトレードで損失も発生するが、トータルでは利益になるようなものを作る。

いくらで買った、売った、エントリーや手仕舞いの理由は

そんな簡単な売買記録は役に立ちます。

でも、あまり複雑なものにすると長続きしないので時間がかからないものにする。

自分の売買記録からルール化していくのも一つです。

よく見ると決めたルールが守られていない場合もあります。

値頃感でエントリーしていたり、一発で利益を狙おうとしたり、
そして乗れずにロスカットにあうと、それで観察をやめてしまう。

そうすると、次の銘柄へ移って同じようなことを繰り返していることがわかります。

これをやったら勝てるというよりも、これをやったらまず負けるというものが
たくさん分かってきます。

これらをマイルールに加えていけば、損失は限りなく小さくなるはずです。

エントリーする機会は減ってもよいので、エントリーの根拠をもって、

時間軸が少し長いルールの方が精神的に楽だと思います。

時間軸が短くなるとなるほど、よりトレード技術が要求されるからです。

相場に慣れていないうちに、ただなんとなく勝てるだろうと参戦するとカモにされ、餌食にされます。

グランビルの法則


チャートにすべて情報が織り込まれるという考え方は、ルールが作りやすいです。

それで、思いつくのは今や古典的と言われている「グランビルの法則」です。
これって、本当に使えるのか?

グランビルの買い1、買い2、買い3の法則エントリーの条件とし、移動平均線(5日線、10日線)や直近の安値を2円割ったら、ロスカットや手仕舞いをしたらどうなるのか確認してみることにした。

そして、このルールで5銘柄、日足チャートで3年から銘柄によっては5年の期間をエクセルを使い統計をとってみた。

勝率(%)、平均利益率(%)や平均損失率(%)を出してみる

これだけの回数や時間かけてこうなるのか!と初めて体験する。

結果は、日足チャートで、勝率は6割程度、損益率もプラスとなったが、エントリーの回数が思ったより少なかった

でも時間のないサラリーマンが年に数回利益を狙うには十分だと思った。

もちろん、実践でこのとおりになるとはいえませんが、改善と基ができるということは大きい。

心に余裕が出てきます。

ある期間で区切って、最終的に利益になる場合でも損失はつきものであるということを
初めて気づかせてくれるのだ。

そして売買ルールには入口と2つの出口を決めるだけではなく、銘柄選びや数量(調整)もあるのでお忘れなく。

まとめ


結局、人の話を鵜呑みせず自分で試してみるのが重要です。

そうでないと、そのルールは本気で使えないです。

「株が怖くて買えない」理由の大きな原因は、自分自身にある。

・すぐに儲けたい。
 →時間軸が短くなるほど難しく、技術を要することを理解していない。

・損失を認める事ができない。
 →お金を減らしたくないは本能、しかし、そもそも相場に絶対のないこと理解していない。

・ルールがないか、あっても検証、確認作業をしていない。
 →トレード前にシナリオを作れていないので対処不能の状態で常に心が不安定。

 

株初心者が損切りと購入額を決める方法とは?

株初心者もローソク足で簡単ルールが作れる!?

株初心者が移動平均線で勝つ方法?

投資にあたってはご自身の判断で自己責任で行いましょう!

 

広告