定年退職後のコミュニケーション不足から孤独にならない方法

定年退職後にコミュニケーション不足から孤独
 
 

定年退職後は今まで1日の大半を費やしていた仕事がなくなり、夫が家にいる時間が圧倒的に増えます。

私は、定年後の孤独感は妻との会話によって緩和できると当り前のように思っていましたが、事実は全く異なりなにも知らなかった自分を痛感させられました。

 
 

定年後、家族との関係が変わる?

 
 

今まで、日中のほとんど家にいなかった夫が常駐する。

そのことが妻にとって、なぜそんなに負担となるのかをこれまで考えてみたこともありませんでした。

私からしてみれば、「俺、なんか悪いことをしたかな?」と思ってしまいますが、 なぜ妻との関係が悪化してしまうのか初めて真剣に考えてみました。

冷静になったら、男女関係や夫婦関係の姿がよく見えてくるようになったのです。

恋人時代のカップルは不安定な関係ゆえ、適度な緊張感があります。だから気も遣うし、燃え上がるし、ケンカもする。でも、夫婦になって長く一緒に生活していると、相手の性格やクセ、手のうちもわかってきて緊張感がゆるんできます。

また、相手に対する期待や幻想も薄れるため、お互いへの気づかいも減ってくるのが自然なんですね。

こうした中で、突然生活のリズムが変わるのが定年なんです。

我々世代のサラリーマンは、平日のみならず、休日だって接待ゴルフだ、なんだと家族との時間をもたなかった人も多いですよね。

「申し訳ない」という後ろめたさのようなものも感じながら、たまに一緒にいるときくらいはと、妻や家族に気遣いができ、それが良好な関係の素になっていること、この大切なポイントをそれほど意に留めていなかったのです。

妻にしても「亭主元気で留守がいい」といった生活リズムが確立されていた面もあり自分のリズムが出来ていたのです。

つまり、めったに会わないぶん、会ったときに新鮮ささえ感じるという心理的な効果には気づいていなかったんですね。

ところが、今度は夫が一日中家にいることになります。

それまでの生活ペースが乱される妻にはたまったもんじゃないとうことになります。

実際、定年退職した夫が家にずっといるようになり、奥さんが原因不明の体調不良を起こすケースも少なくないといわれます。

いわゆる「夫源病」です。

医学的な病名ではありませんが、夫が毎日家にいることで妻の生活リズムが乱されることによるストレスが原因です。

ここは大事なポイントになりますので、もう一度整理しておきます。

男性側に大変な思い上がりと思い違いがあります。

ひとつは、定年後、妻が自分と一緒にいる時間が長くなることを喜ぶだろう。長い間家族のために身を粉にして働いてきた自分をねぎらい、大切にしてくれるだろうという点。

もうひとつは、妻や家族との意思の疎通がうまくいかないこと。

これまでに、そもそもそんなに会話がなかった夫婦が、老後になって急にコミュニケーションをとれるはずもなかったのです。

ではどのように定年後の生活を送れば、コミュニケーション不足や孤独から解放されるかなんですが、

私は大きく2つに分け考えて実践することにしました。

 

1つ目は「家庭内での妻との関係性と距離感」です。

そして2つ目は「会社に代わるコミュニケーションの居場所を作る」ことです。

 
 

妻との距離感を一気に変えないこと

 
 

まずは妻の気持ちを知る必要があります。

孤独感を解消しようと妻に急接近すればなんとかしてくれる、これは幻想です。

妻からすれば、そうなった夫は単なるオジサンであり、居候的存在でしかないのです(もちろん例外もありますが)。

夫が会社に夢中になっていた30余年の長い間に、妻は妻で自分の居場所で地域や趣味の友達をつくりあげていたのです。

そこへ、ひょっこり夫に帰って来られても困るのです。

お金をたっぷりくわえてきてくれるなら、そりゃお世話もするが、あなたのお母さんではないのだから、自分のことは自分でお願いね、ということなのです。

ですから、「一家の主たる俺が一日中家にいて何が悪い」という考えは勇気を持って捨てなければなりません。

一緒にいる時間が増えたら何もしなくても会話が増えるというのは幻想です。

定年後の夫婦円満のコツは、現役時代と同様に妻との距離感を一気に変えないことが基本です。

 

相手に一方的に期待するのではなく、適切な距離感を保つためには2つのポイントがあります。

● 自立した関係でいる

夫婦は社会的にはセットの関係性ですが、元々は独立した他人同士です。

相手を所有物のように扱ったり、相手に依存し過ぎたりすると綻びが生まれます。

夫婦だからこそ、お互いを一人の大人として尊重することが大切です。

「夫婦なのに」「夫婦だから」と干渉しすぎたり甘えすぎたりしないように意識を変えることです。

なによりも、もし妻が病気になるとか先立たれた場合には、一人になるかもしれないという最悪のケースを考えて、今のうちに自分のことは自分でできるようにトレーニングをし、準備をしておくことは重要なことです。

具体的には掃除や洗濯、軽めの食事は自分で作り、後片付けも今からできるようにします。

 

● お互いを「感謝」する気持ち

夫婦は、他人同士が自分たちの意思で家族になった間柄です。

しかし、愛情で結ばれたのをいいことに、口に出さなくても気持ちが伝わるはず、と感謝がおざなりになりがちです。

夫か妻のどちらか片方でも、感謝を軽視すれば、相手が自分のためにする行動の数々にも気づけなくなります。

事ある度に、自分から「ありがとう」の言葉を連発するくらい癖にしてしまうのが相手に気づかせるコツです。

気恥ずかしいのは分りますが、この壁を超えることこそ超重要です。

 
 

会社に代わる居場所を作る

 
 

妻との適切な距離感を保ちコミュニケーション不足を改善しながら、次に考えることは会社に代わるコミュニケーションができる居場所を作ることです。

退職後の居場所づくりは新たなコミュニケーション能力が磨かれる場所となり、人生最後の友人ができる場でもあります。

選択するときのポイントは、居場所を作る「目的」に適うものか、予算を含め「無理なく続けられるか」です。

具体的な手段としては、地域のボランティアに参加したり、スポーツを始めたり、趣味の集まりに参加してみたりと積極的に人と関わることだと思います。

今はインターネットの時代です。

パソコン一台で世界中の人と繋がれます。

時間がたっぷりある定年後こそ、その可能性を探求できます。

 
 

私たちの人生は一度しかありません

 
 

私はいろいろ悩んだ末に定年後は、インターネットを最大限に活用して楽しむと決めたのです。

そこで後に、未熟でお恥ずかしい限りなんですが、ブログ記事作成(グーグルアドセンスの広告承認)や動画(YouTub)をつくるキッカケとなる、あるビジネススクールに通う事にしました。

欲しいものも、やりたいことも我慢して、 大切な人にもたくさんのものを我慢をさせながら、 妻や家族とも寄り添えない孤独を感じながら年老いて死んでいく… そんなのはあまりにも悲しすぎます。

私はネットを使ったお小遣い稼ぎの方法を広めたいわけではありません。

月2万や3万といったお小遣い稼ぎなら正直誰でも作ることができますが、

そんなお金を作ったところで永久に豊かにはなれないからです。

ここでお伝えされてることは、

お金・時間・場所・人間関係等の束縛が一切ない、

”雇われずに人生を豊かに生きる方法”です。

私はここで学ぶまで、人は学校を卒業したら、

一生懸命就職活動をしてサラリーマンになり、

定年まで忙しく働くしかないものと思っていました。

サラリーマンという道から逃れるにはニートになるしかなく、

そこを抜け出すには事業を起すしかないのだと思っていました。

もちろん起業や投資でご飯を食べている人たちがいることも知っていましたが、

そんな世界で成功できるのはごく一部の金持ちや天才だけだと思っていました。

だから、コストをかけずにインターネットで物を売って、

スマホ一台で収入を作って雇われずに生きていけるという選択肢があると知ったとき、

心の底から救われた気がしました。

あのときの感動を少しでも多くの方に伝えたいと思っています。

今後、発信を受け取りたい方はLINEの友達登録してくだされば届きます。

そのビジネススクールで教えてもらってる方を紹介します。

資金・知識・人脈ゼロ、むしろ借金返済に追われていたニートでうつ病だった状態から、

恐る恐るインターネットビジネスという不可思議な世界に飛び込み、

雇われずに生きていけるようになるまでに

見たこと・経験したこと・学んだことなどを、

赤裸々に本音で語ってくれています。

よくあるスパム的な情報発信ではなく、

純粋に役立つ面白い話をしてくれています。

もちろんあなたは雇われずに生きていく事なんかに興味はなくて、

サラリーマンでいいよ、今の生活でいいよ、と心底満足しているかもしれません。

そういう場合はこちらの情報を受け取っていただく必要はありません。

どうぞこのブログ記事を閉じて、私の存在は忘れていただければと思います。

人生を豊かにすること、

雇われずに生きていける事に、

少しでも興味がある場合のみ購読してください。

普通に暮らしているだけでは知ることができない世界を

お見せできるのではないかと思います。

LINEの友達登録は下のページからできます。

 

冷川涼介

20歳の時に起業するも、2度も事業を破綻させ、仮想通貨で300万円の借金を作る。生きる希望を失い、家に引きこもるうつ病のニートになるが、一人の大資産家と出会い、商売の基本やインターネットの使い方、考え方を学び8桁以上の収入を獲得することに成功し、借金を完済。 詳しいプロフィールはこちら>>


冷川涼介

20歳の時に起業するも、2度も事業を破綻させ、仮想通貨で300万円の借金を作る。生きる希望を失い、家に引きこもるうつ病のニートになるが、一人の大資産家と出会い、商売の基本やインターネットの使い方、考え方を学び8桁以上の収入を獲得することに成功し、借金を完済。 詳しいプロフィールはこちら>>

 

ニート・うつ病・借金317万円の状態から「雇われずに生きていく」ことができるようになりました。

何をしたのか?

どんな人間に出会い、 どんな知識を得て、 どんな事したら雇われない生活が得られるのか

そんな人生ストーリーを詰めたウェブセミナーを開催中。

10日間で締め切りますが、期間限定のウェブセミナー動画を受け取れます。

あなたも、

お金、時間、場所、人間関係、精神的に余裕ができる 豊かな人生を手に入れられるようになりませんか?

 

▼今すぐ期間限定動画をチェック▼ (ご登録後、すぐに期間限定動画を視聴できます。)