気分転換して免疫力をアップしたいとき!気分を上げる行動

笑うことの効能

スポンサーリンク




「笑う門には福来たる」


外に出たり、人と会ったりすることが自粛され、普段の生活が制限がされています。

でも、こんなときこそ笑いのある生活が必要なのではないかと思います。

「笑う門には福来たる」という諺があります。

いつもにこやかに笑っている人の家には、自然に幸福がやって来るという意味ですよね。

今回は、笑うことや、前向きに考えることが大切なことをお伝えします。

笑いやユーモアが、人間に好ましい心理的反応がもたらすことや怒りや悲しみなどのマイナス感情は、身体に害を与えることは古くから知られています。
笑いの効能

例えば、笑うことは免疫力を大いにアップさせることが知られています。

免疫とは「人体を外敵(=細菌やウイルスなどの病原体)から守ってくれる防御機能」のことです。

 

笑わないと脳卒中の危険が増加

普段、笑うことがほとんどない人は、ほぼ毎日笑う人に比べて脳卒中の危険が1.6倍増えるとの調査結果を千葉大や東京大などの研究チームが発表しています。

 

2013年全国の65歳以上の高齢者(回答2万934人)を分析しました。


笑う頻度は、ほぼ毎日、週に1~5回、月に1~3回、ほとんどないの4段階で申告して貰った。


「ほぼ毎日」を基準とした場合、ほとんど笑わない人は、脳卒中にかかったことがあると答えた割合が1.6倍高く、心疾患も1.2倍だったのです。

 

研究グループは「笑いが脳卒中や心疾患の発症を抑える可能性を示した」としています。

 

解析をした東京大の近道尚己准教授(社会疫学)は「笑いは助け合いの元となる人の繋がりを生み出したり、ストレスの軽減に繋がったりすること等が考えられるが、更なる研究が必要だ」と話しています。

 

前向きな人はがん死や脳卒中や発症リスクが低い


日常生活の様々問題に前向きに対処する人は、そうでない人に比べ、がんで死亡するリスクが低いとの研究を、国立がんセンターや東京大などの共同チームがまとめています。

 

全国10都道府県に住むがんではない50~79歳の男女、約5万5千人を平均9年余り追跡したものです。

 

被験者に日常経験する出来事や問題にどのように対処しているかをアンケートしました。

 

回答として用意した6通りの行動パターンから判定する「前向き」「逃避型」「特に定まっていない」などの違いや、特定の行動パターンにより、がんの発症や死亡のリスクに違いがあるか調べました。

 

 

その結果、「解決する計画を立て実行する」「誰かに相談する」「状況のプラス面を見つける努力をする」といった前向きな対処する人は、特に態度が定まっていない人と比べ、がんを発症するリスクには差がなかったのですが、がんで死亡するリスクが15%低くなっていたのです。

 

個別の行動パターンで見ると、プラス面を見つける努力する人で、がん死のリスクが小さかったことや、脳卒中についても同様の調査をしたところ、前向きに対処する人のリスクは低いという結果が得られたということです。

 



まとめ


笑いのある生活は大切です。

ユーモアのセンスある人との会話は、時間を忘れて楽しいです。

人との出会いが少ない最近の私は、積極的に、漫才を見て笑い、落語を聞いて笑い、昔から溜め込んだ漫画本を読んでは大笑いをしています。

 

くよくよしがちな生活が続いていることに気づいたら、思い切って単純に「笑いを摂る生活」にチェンジしてみてはいかがでしょうか!

 

ちなみに、私は「サンドウィッチマン」さんや、「ナイツ」さんの漫才、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のマンガで笑いを 摂っています。

 

 

というか笑いを貰っています!

 

広告