投資で、お金持ちになるためのシンプルな考え方とは?

投資でお金持ちになりたい?

 こんにちは!Saruです。
株式投資を始めると、早く、儲かる方法が知りたいと
誰もが思うところですが、

本当のところはどうなんでしょうか?

それは存在するのでしょうか?

95%が負けている人達で成り立つ世界で、
不思議と継続しているのが相場です。

勝てない理由は投資資金も生活資金も一緒だからです。

相場で絶対に勝てる法則はない。

わずか5%が勝ち組です。

すごい競争率です。

お金持ちになる人は最初からお金持ちに
なれるようなズルい考え方をしている



厳しい!
ということは、ほとんどの人達がやっているだろうこと
の逆をやらなければ勝てないということは想像できます。

なので、

これをやったらまず、負けますよってことを知っておいて、

そこから、自分なりに対策を立て、やってはいけないことを
やらないと決める。

というように考えてみてはいかがでしょうか?
100%勝てる方法など最初から、幻想なんですから。

そして、細かなテクニックもさることながら、
そもそも相場に対する向き合い方が誤っていたら、


目的地へ着けず、本末転倒ですよね。

僕は相場に向き合う正しい姿勢が出来て、
初めて、投資ができると思います。


例えば、こういうことです。
株価は相場が決めるものであなた任せ、
自分で出来ることは何か?
銘柄選び、
エントリーとエグジットのタイミング、
資金量(ポジションサイズ)のコントロール
そして、ロスカットの幅、これしかできません。
お祈りしても株は上がってくれないのです。

株の神様に聞いてみっか?どうしたら初心者でも勝てるの!

僕自身もいまだ分かっているのに、
つい、やらかしてしまうことって、
結構あります。

このあとが大事です。

チャートをコピーして
①エントリー②エグジットのマークをつけて、
③なぜそうしたのか、
根拠の理由を簡単にメモをとる。

そして、
「トレード注意」フォルダに入れておきます。

この数が増加してくる過程で
自分のやっている傾向が徐徐に見えてきます。

相場から退場させられるなど致命傷を負うことは
絶対に避けなければなりませんが、

それでも人間ですから、
なんども間違いを繰り返しながら、
身に染みて血や肉になるもの。

間違いをやらかすのも含めてトレードです。

そういうことを認めず、完璧だけを求めると、
タダ、タダ苦しいだけのものとなります。

これって、本末転倒ですよね。

投資の運用資金には余裕を持つということ。

これは、投資の原資金は余剰資金であることを含み、
最小単位でやって見ることです。

これは一番大切な精神的に余裕をもつってことです。
(負組95%の人達と逆をやる)
 
全然、心の余裕が違います。

それでは、たいして儲からないと思うかもしれませんが、
時間の経過によって、

これが、なんと万単位での利益や損失になって、変化します。

油断できません。

マウス、クリック一つで儲かると聞いたりすると、
株で儲けるのは簡単だと
思われるでしょうが、

1回や2回、ビギナーズラックはあるとしても、

最終的に、株で利益を残すことは大変なことですよ。

トレンドが発生しているときよりも、どっちかよく分からない
横バイも多く、買ってダメ、売ってダメということもあります。

一方、「待つ事」が出来る人(余裕のある人)にとっては
ある意味、簡単なのかもしれません。

ただ、95%の人達はチャンス、自分の間合いに
なるまで待てません。

なんせ、欲が邪魔しますからね。

これも資金に余裕をもつことに大いに関係します。

「待てる」ようになればぐっとお金持ちに近づけますよ。

生活を含めて、資金に余裕がないと、

一発大逆転に打って出たくなり、95%に入ってしまうんですね。

欲をなくせと言っても本能ですから、無理です。

でも、少しはコントロールは出来そうです。

また、時に間違いをしますが、
これらもすべて含めて
投資であると
考えて、一喜一憂しないことも
必要なことです。

それにはやはり、心に余裕がある状態でなければなりません。


慣れてきてら、試し玉を入れてみるのもといいと思います。

例えば、下落してきて、前の安値に並んできたり、

過去の安値で何度も反発しているような節目で、

300株入れる計画しているときに、上か下かの

アンテナ代わりにもなりますし、
うまくいけば、

仕入れコストを低くすることにもなります。

試し玉はもちろん100株です。

投資資金を限定する方法

投資は結構、地味なんです。

時を味方につけるしかないのです。

大きな波のサイクルに出会うかどうか、
多分に運が必要です。

こうして考えてみると、

大事なことほど、今更聞きたくないというシンプルな話が
ほとんどなのです。

それでもなかなか出来ないのは不思議です。
当たり前と思う事ができない。

最後に、資金の投入例について、
これで、儲かるというものではありませんが、
損失を限定する方法に、こんなのがあります。

こんな簡単なことが継続できないのがまた
人間らしくて、例の95%の仲間かもしれませんね。

(例)
   ・余裕
資金;300万円
   ・最大許容リスク;2%

   ・損切り値幅;55円
   ・スリッページ(ずれ)5円

   ・最低単位:100株

   リスク金額=300万円×2%=6万円

   株数=6万円÷(55円+5円)=1、000株

株初心者が損切りと購入額を決める方法とは?

 

  相場の世界に絶対はありません!

  投資にあたっては、ご自身の判断で、

  自己責任で行いましょう!!

   では、次回またよろしくお願い致します。
   有難う御座いました。