新型肺炎確認 インフルエンザ予防はマスクと手洗いと甘酒とコーヒー!?

スポンサーリンク




人類の歴史は「ウイルスとの戦い」と言われる

その代表格がインフルエンザウイルス季節性インフルエンザは流行性があり、いったん流行が始まると、
短期間に多くの人へ感染が拡がる。

日本では例年12月~3月が流行シーズン毎年油断のできない季節なのだ。
やはり気がかりなニュースが入ってきた。

謎の新型コロナウイルス肺炎

中国・武漢市で原因不明のウイルス性肺炎が相次ぎ、死者も出ており、人ごとではないと言おうとしたら!
日本国内での発症が確認されたのだ!

 
新型肺炎、国内で初確認 神奈川県の中国人男性 人から感染か

中国中部の湖北省武漢市で発症が相次いでいる原因不明のウイルス性肺炎について、厚生労働省は16日、武漢市に滞在し、日本に帰国した神奈川県在住の30代の中国人男性から中国で確認されているものと同じ新型コロナウイルスが検出されたことを明らかにした。日本国内で新型肺炎の感染者が確認されたのは初めてで、人から人への感染の疑いがある。政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、情報収集など対応に当たっている。・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・男性は医療機関に入院していたが、症状が回復し、15日に退院したという。(産経新聞一部抜粋)

ウイルスは自ら増えることはできず、生物の細胞を利用して増える。

しかも変異するのだから手強い。したたかな難敵との戦いは気が抜けない。

プログのコンセプトの一つでもある「健康」に関する話題は非常に気になるところだ。
この6年間はこれまでの生活と一変した。

薬に頼らず、サプリも飲まず、大きな風邪もひくことなく、
病院と言えば歯科くらいのものだった。

 

インフルエンザQ&A

今回は仕事や趣味の時間に影響が出たり、人に迷惑をかけるのは本意ではないので、早速、
厚労省の新型インフルエンザに関するQ&Aを覗いてみた。
新型インフルエンザに関するQ&A

 

新型インフルエンザは、ほとんどの方が免疫を持っていないため、通常のインフルエンザに比べると、感染が拡大しやすく、多くの人が感染することが考えられる。

新型インフルエンザ感染経路通常のインフルエンザと同様で、咳やくしゃみとともに放出されたウイルスを吸い込むことによっておこる飛沫感染と、ウイルスが付着したものをふれた後に目、鼻、口などに触れることで、粘膜・結膜などを通じて感染する接触感染が考えられている。

テレビでお医者さん自身が季節性インフルエンザ予防対策の一つで、直接、自分の顔には手を触れないとお話ししていました。

ウイルスはあなたの鼻と口から潜入する。

でも結構、顔に手を触れることってありますよね。ではどうするのか?というと

なんと、毎回ティッシュペーパーを使うそうです(笑) 真面目な顔で言っていました。

プロは流石ですね!

 

笑に触る癖、鼻毛を抜いたり、口に手をあてる癖のある人は要注意です、

テッシュを使いましょう!笑

 

ウイルスは細菌と異なり、生物の中でのみ増殖するため、環境中では状況によって異なり、数分間から数時間内に感染力を失うと言われている。

 

しかし、環境中でどれくらい生きているのかといった科学的なデータは一定ではない。
ただし、通常の季節型インフルエンザウイルスで考えても宿主となるヒトがいない状況で生き続けることは困難です。

 

新型インフルエンザの症状は突然の高熱、咳、咽頭痛、倦怠感に加えて、鼻汁・鼻閉、頭痛等であり季節性インフルエンザと類似している。ただし、季節性インフルエンザに比べて、下痢などの消化器症状が多い可能性が指摘されている。

新型インフルエンザ季節性インフルエンザよりも重症化しやすいかといえば、ほとんどの方が軽症で回復している。ただし、持病がある人の中には、治療の経過や管理の状況によりインフルエンザに感染すると重症化するリスクが高い方がいます

主な治療法インフルエンザウイルス薬(タミフル・リレンザ)の投与

これらの薬は、医療機関等において医師が必要と認める場合に処方される。
また、症状を緩和させる目的で、解熱薬や去痰薬、鎮咳薬などが処方される。

妊婦や乳幼児に対する処方については、副作用のリスクを見極めながら、医師が投与の判断をすることになっている。


ウイルス感染を予防のためには、手洗い・うがいをしっかりすることが大切です。

手洗いは、外出後だけではなく、可能な限り、頻回に行いましょう。

石けんを使って最低15秒以上行い、洗った後は清潔なタオル等で水を十分に拭き取りましょう。

また、ウイルスが粘膜を通して感染するため、極力鼻や口などを触らないようにしましょう
咳、くしゃみの際の「咳エチケット」感染防止の上では大切です。

 

咳やくしゃみ等の症状のある人は必ずマスクをつけましょう!

 


マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。

一方で、予防用にマスクを着用するのは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り着用する効果はあまり認められていない

咳や発熱などの症状のある人に近づかない、人混みの多い場所に行かない、手指を清潔に保つといった感染予防策を優先して行うことがたいせつです。

症状で新型インフルエンザと季節性インフルエンザを見分けることはできないと言われています。

健康な方も持病のある方も、なるべく早めに医師に相談しましょう!

時間を無駄にしないためにも出来ること、とりあえず原因不明インフルエンザ予防対策はマスクと手洗いと自分の手を顔に触れないを実践します! 

医者のお勧めインフルエンザ予防

インフルエンザの予防対策に効果があるとテレビのお医者さんが言っていた6つの方法を紹介する。

夜の歯磨き・・・睡眠中の口の中はタンパク質で菌が発生しやすいので、夜の歯磨きは欠かさない。

加湿器・・・・空気清浄機よりも加湿器がよい。乾燥すると喉の繊毛の働きが弱るので菌を追い出せない。

お茶・・・・・ビタミンCよりもカテキンで免疫効果のあるお茶を15分間隔で飲む。

子供の横で食事を与える・・・・・インフルにかかった小さな子供に親が食事を与える時には正面で向き合わない

甘酒・・・・免疫効果と美肌効果

コーヒー・・血管の酸化防止(カフェインとクロロゲン酸)1日3杯~4杯まで

 

広告