システムトレードと裁量トレードのどっちが儲かるの?

 こんにちは!Saruです。

株を始めたとき、これで億万長者になるぞ!って、
意気揚々と、

いろいろと売買手法について勉強しますよね。

【株式投資をこれから始めようとする人や、
なかなか勝てない人は、

まず「投資の原理原則」についてこちらの
無料の限定動画をじっくり、しっかり学んで下さい。
でないと、いくらお金を投じて細かなテクニカルを
知ったところであまり意味がないと思います】


そうした時に、
「システムトレード」と「裁量トレード」という言葉に出会い、

これって、なに?

トレードに種類があるの?

どっちが儲かりやすいの?

などと、

いろいろと気になりませんでしたか?
 

かぶこも、その1人で、どっちにしようか迷っていました。

そこで、株トレードの神様こと、株神様に聞いてみることに
しました。



 かぶこ
株神様、株を始めて悩んでいます。
よく言われている、システムトレードなんですが、
裁量トレードよりも、迷いがなく機械的でやりやすいって
言われていますが、本当に儲かるんでしょうか?

 

株初心者は自分に合う時間軸と資金配分そして腹を決める。

さて、
以下、株神様の答えはどうだったのでしょうか

システムトレードも、裁量によるトレードも
それほど違いはない?

システムトレードは、自動売買取引といって
あらかじめ決めておいたルール(システム)
に従って機械的・継続的に行う取引のことを言うんだよ。

 

また、裁量トレードとは、売り買いの判断を
適時、自分で行うトレード手法で、
一般的な取引手法なんです。

 

まあ、どうなんでしょうね。



機関投資家などの法人は別として、
それぞれ個人の資金量、
性格など、好みもあり、

いろんな考え方もある中で、株式市場が成立しているわけだよね。

 勝っている者にとっては自分の使っている方法が一番なわけで、
どっちでもそんなに差はないと思っている。

 

システムトレーダーといっても、熟練者は相場の状態によって、
裁量を入れる。


 

また、裁量トレーダーであっても、エントリーとロスカットは、
システム化している事が多い。


 

システムトレーダーは、エントリー、ロスカット、利食いの全てを
システム化しているが、
利食いだけは裁量の余地がある。

初心者のうちはシステムトレードしたほうが良い?

 素人の相場の見立ては、ほぼはずれるので、
システムに従った方が良いかもしれないね。



 それでも、めげずに、チャートトレーニングをしっかりやり、
自分の過去トレードを振り返り、こうすれば、
とれそうかもしれないという、アイデアが浮かんだら、
統計を取って検証をしてみる。



こんなもんで大丈夫かなという、地味な作業をただひたすら継続する。

まあ、なかなか大変だ。



これを、5年くらいやり続けると
ちょっと変化が訪れる。



チャートを見ていて、「あれ、こんな景色は前にもあったよな」
「次はこうなるかもしれない」って

結構、シナリオが作れるようになり、そんなに外れなくなる。



確率が高くなる。



だけど、ここまで来るのに大概、
当てようとしても当たらない、

絶望感や大きく資金を溶かしてしまったりと、酷い経験をすることになる。



それでも諦めずに続けていると、結構感覚が冴えてくる。


エントリーする時に、損したくない、
儲けたいだのを感じているうちは、感じる事の出来ない感覚だ。



そうなった時の感覚に従うのが、裁量トレードだ。


 

しかし、経験の長い システムトレーダーも、同じ感覚を持っているので、
結局、大きな差はないと言ってよい。



自分の感覚と「欲望」や「感情にとらわれた心」
をごっちゃにして、判断がつかないのが素人だ。



素人は100%システムに従った方が良い。


 

システムに従ったとしても、勝てるようにならないかもしれないが、
素人が自分の感情を「感覚」と勘違いするよりは、まだましな結果が出る。

 

今、株を買うなら何を買うべきか?

 

株初心者はどんな手順で進めたらよいのか?

まずは、道具、チャートに慣れることだ。

①ローソク足の特徴を覚える、・・・陰線、陽線、長いひげ、孕み線、

包み線、毛抜けなどなど代表的なもの 。


②移動平均線の意味とローソク足(株価)の位置


③移動平均線の並びと傾きとトレンドライン・・・・・グランビルの法則と
ダウ理論 ①から③までの基本を理解したなら、
まずは、

思いつきや人の言っている売買ルーの中で、
できるだけわかりやすく簡単なもを使う。



エントリーとエグジット(ロスカット、手仕舞い)を決めて
好みの銘柄のチャートなどで、ひたすら統計をとって検証してみる。



1個のルールでサンプル数は最低200は欲しい。

(この辺は、「大数の法則」、確率の収束などについて
自分で調べて下さいね。)

そしてなにか特徴的なことがあったら、
メモしてつぎのアイデアとして取っておく。



そのアイデア で統計を取ってみる。



またそれを繰り返す。



そして、実践で使えるように工夫する。



エントリーのタイミング、ロスカットの設定幅、手仕舞いなど、
自分の性格にあったものに改善していく。



とにかく、そのためにはチャートを読めるようにならないと
始まらない。



統計や検証テストはチャートに慣れ、チャートを
読む練習には最適だと思う。



まあ、そんなとこだろうか。

 

株専業トレーダーで生活したい?

 

相場の世界に絶対はありません!!

実際の投資に当たっては、ご自身の判断で、
自己責任で行いましょう!!

では、次回また、よろしくお願い致します。
有難うございました。