株の神様に聞いてみっか!この考え方で初心者は勝てるの?

スポンサーリンク




 Saruです。

 

友達の「かぶこ」が株で投資を始めた。

 

けれども想像していたようにはうまくいかない。

 

インターネットでお得に取引!松井証券

株必勝の聖杯探し

国内最大の投資家向け専門店トレーダーズショップ

勇ましいタイトルに引かれて、購入した株の本の山に埋もれ、あっちの商材、こっちのセミナーへと渡り鳥。

お金と投資の学校を体験できるオンラインセミナー【投資の達人講座】

大枚を払ったそのときには、輝いて見えたあの「魔法の法則」は何処へ?

 

雲のごとく、風とともに消え去ったのでした。

 

何ゆえに、こうなるの?

 

自暴自棄になってしまったのです。

 

そこで「株神様」に聞いてみました!

 

Q)「かぶこ」; 株神様、株の初心者です。

 

株の本を買って勉強して、「魔法の法則」の高いセミナーにも通いました。

 

なのに、なかなか勝てません。

 

テクニカルやローソク足やチャートパターンを覚えて、ちゃんとエントリーしているのですが、なぜか儲かりません!

 

なにが駄目なのかわかりません。

 

疲れてしまいました。

 

なにか、アドバイスをお願いします!

 

A)「株神様」;お前な、まあ教科書どおりにやってうまくいくときが全くないとは言わんが、それで100点とれるなら世の中に貧乏人はいない。

 

ましてや、なにその「魔法の法則」なんちゃらって、そんなものあるわけないだろう!

 

上げるか、下げるか、横ばいしかないが、明日の株価は誰もわからんし、

 

そもそも、儲けようとして儲けられるものじゃない!

 

絶対に勝てる手法があったら、全員勝ち組だけになり市場が成立しないわ!

 

わかりますか、この意味?

株式相場は戦場

 

Q)「かぶこ」; 株神様、上がるか下げるかの二つに一つなのに(横バイもよく見ると上げ下げ)なぜ、こんなにも難しいのでしょうか?

A)「株神様」;まあ、あまり難しく考えなくても良いのだが、相場では、買い方軍と売り方軍が攻防しているわけで、さらにそれを様子見してどっちについたら、漁夫の利が得られるか、虎視眈々と待ち構えている人たちがワンサカいるわけだよね。

 

たとえば、直近の高値、安値の節目付近は売り方軍、買い方軍がお互いの攻防が激しくなり、行ったり来たり、チャート上でどっちやねんといらいらするポイントだ。

 

で、今、買おうとして直近高値ブレーク(超えて)したと思ったので入ったら、売り方の最後の反撃に出会い、思いのほか値を下げて振るい落とされ、ここでびっくりしてもう無理ですって投げてしまった後に上昇していく事が多い。

 

もちろん相場が強ければ一発でブレークして上昇することもあるが、なかなか素直にいってくれないことが多い。

 

全資金一発で決めようと思ったらやられるのだ。

 

株の買いは一発で決まらない

 

Q)「かぶこ」; 株神様、私は何に注意したら良いのでしょうか?

 

株神様に聞いてみるか? 

 

A)「株神様」;例えば、大口の投資家は大陽線で買い上げて素人が安全だと思うようなところで飛びつかせる。

 

買わせた後に今度は売りを浴びせて下落させて、さっきの素人が「もう怖くて無理!」って手放すところで、玉(株)を集めて買いコストを出来るだけ抑えようとすることもあります。

 

素人が教科書でよくやる安値を割ったらロスカットのルールを知っているから、そこから玉を集めて買って行くこともある。

だから、1回のトレードで決めようのシナリオだけではなく、3回は騙しがあるかもしれないという、シナリオも描いて、過去を検証しながら自分でルールを組み立てることが良い。

 

そしてチャートを見る時には、エントリーする部分だけをみるのではなく、出来るだけ長いチャートを見て過去の経緯から今どうなっているのか、日柄や節目そしてローソク足1本の特徴をよく観察してみるということだ。

 

今は強いのか、弱いのかを冷静に戦略をたて、大衆心理が感情でトレードするのとは真逆を考える。

 

つまり、トレンドには逆らわないが一度ロスカットになった銘柄であっても、その後も追跡、観察を続けること!

 

自分が決めた統計的な優位なルールでロスカット連発したとしても、良いトレードが出来たと思いなにもめげることはない。

 

人それぞれ個性や癖がある。

 

タイミングが早すぎるのか、遅いのか、自分のルールを検証して改善すればよい。

 

資金管理をして、まずは儲けるよりも損を小さく、資金を守り生活環境も含めてトレードができる環境を維持することだ。

株トレード改善の一歩

 

Q)「かぶこ」; 株神様、具体的なトレードを改善するためにやるべきことはなんでしょうか?

 

A)「株神様」;そのためには記録を残す、買った、売った、どこで、価格、どんな根拠でそういう行動をしたのか、チャートをコピーして簡単なメモを残して、後日改善のため、確率を高めるための道具にすること。

 

ここは急いでもダメです。続けること!

 

後は自分の思い通りにならないことを認識することです。

ダウ理論、トレンドライン、移動平均線、グランビルの法則をしっかり覚えたら、ローソク足とチャートを腐るほど見て、練習するのみだ!

 

3ヵ月ごとの日柄や、前の高値、前の安値、切れのよい価格、移動平均線などの節目に注意しながらだぞ!

 

 

最低3年、5年くらいは覚悟する、なにか気づきや、得るものはあるはずだ!

 

そのためにも、小さな資金でやる、株式市場に生き残ることだ。

 

それができないのなら、悪いことは言わないトレードはやめた方が良い。

株勉強の時間目標

 

Q)「かぶこ」; 株神様、株のトレーニングの目標設定をどのように考えたらよろしいでしょうか?

 

A)「株神様」;そうだなあ?とりあえず1年目は自分の決めたロスカットがきっちり出来るようになること。

 

それができたら,2年目は負けないようになること、たまに少し利益が出せるようになること。

 

3年目は利益を伸ばせるようになること。

 

これを目標にしたら良い。

 

Q)「かぶこ」;株神様、有難うございました。長い道のりになりそうです。 自信はありませんがとりあえず再出発します。

 

 

こちらの記事も参考にして頑張ります!

  ↓    ↓

株初心者が知っておくべき株式投資の本質とは?損切りが遅く、利食いが早すぎるの意味!

  ↓    ↓

株初心者が移動平均線で勝つ方法?

 

こちらの無料限定動画は参考にるぞ!

     ↓   ↓

相場の本質を学ぶ

 

株のプロによる推奨銘柄はコチラ!

 

実際の投資に当たっては、ご自身の判断で、自己責任で行いましょう!

 

広告