株の勉強 株専業トレーダーで生活したい!?

スポンサーリンク




こんにちは!Saruです。
株で勝って、少し儲けが出て来てひょっとすると、
になったら、もっと儲けが大きく増えるのではないか?などど、
夢を膨らませていませんか?

今回は、せっかくその気になっているあなたに冷や水をかけるようなことを
お伝えしたいと思います。

こういうブログは普通は書かないと思いますから、次からはこのサイトに
来てくれないかもしれませんね(笑)


専業で暮らしたい!

「かぶこ」も、その1人です。
そこで、またまた株の神様こと、「株神様」
に相談してみることにしました。

Q)かぶこ;株神様、教えて下さい。

株を始めて、ようやく利益がでるようになってきました。

今の仕事は職場環境があわず、人間関係もいま一つで、
なんかしっくりきません。

由な時間も欲しいので、
今の仕事をやめて専業トレーダーになって

生活していこうかと悩んでいます。

どんなもんでしょうか?

専業が有利じゃないの?

A)株神様;あのね、随分と考えて悩み、
その上で、相談しているつもりかもしれないが、

まあ悪いことは言わない、やめておけ。

いろいろ理由はあるだろうが、
よくあるパターンだな。

会社の人間関係からのストレスを回避して、

済的自由を得たいとか、どうとかの
ワンパターンの理由なんだろうが、


そもそも株は、大金もっている人達が
絶対に有利なわけで、

億単位のお金を、持っているというのなら、話は別だが、
ないのなら止めておけと言いたい。

95%の負け組みと、たった5%の勝ち組の世界で、

5%の勝ち組が負け組みの総資金を凌駕する世界。

お金は欲しいが、今の職場が気に食わない?

だったら、まずトレード云々の前に自分に
合いそうな就活が先だろうな。

お金が欲しいのなら、トレードに拘る必要はないぞ。

働いた方が早い。

もう少し、話すると、

専業になると、毎日心おきなく、
トレードができ、

今よりも格段の知識も増えて、

鉄板のルールもできると、
想像していない?

デイトレを始めると簡単に
ちょちょいのチョイで、稼げるぞ!って
想像していませんか?

ところがだ、現実は、
兼業のときは少し勝っていたのに、

専業になったら全く勝てなくなるという話は珍しくないのだ。

似たような話をすると、

趣味の釣りでは楽しめるが、これで生計を立てるプロ
漁師は楽しむなど、
暢気なことは言っていられない。

青森県の大間のマグロ漁師を思い出すわ!


ちょっと勝てる程度で、専業を始めたら大変なことになる。
 

ママチャリで、プロと一緒の競輪に参加するようなもので、
ほぼほぼ資金を溶かして退場させられるのが落ちだ。

時間軸が短くなればなるほど勝つことは難しい。

仮に、月に仮に25万円の生活費を得る為に、
毎日1万円稼ぐぞとノルマを自分に課したとする。

5日間の成績が +1、+2、-3、-2、-1だったとすると
次は3万円以上の利益を要求されることになる。

確かに次は5万円利益になるかもしれないが、
そもそも絶対の法則、聖杯のないことで成立する世界だ


この焦りは、経験したものでなければわからないだろう。

それで今度は、デイトレを諦め、少し期間の
長いスイングトレード
変えたらどうかと試すのだが、

日本の場合は、米国市場(為替を含め)の影響を諸に受けるし、
世界ではいたるところで戦争があり、地震や災害だっていつ起きるかもわからないし、
どうなるかは誰もわからないのだ。

なのに専業は相変わらず、目の前の生活費や家賃を稼がなければならず
毎日追い詰められるような気分に変わりなく

精神的に余裕がなくなり、

曇った目と固まった頭でいろいろ間違いを起こす。

毎日ザラ場を見る事ができるので、
跳ねたり飛んだり、落下する ローソクに翻弄され、
もはやあったはずのルールが蚊帳の外だ。

感情トレード盛りだくさんとくる。

ちょっと含み益が出ると手仕舞いし、
決めてロスカットはそのうち戻るさと放置、
さらにはダラダラ下げてくるローソクに注意散漫。

もうお決まりの
トンネルコースに入り込んで抜けられない。

とうとう
モチベーションは地下3階まで落ちて行く。

資金は勿論、底を突く。

こうまでして、
コンビニのバイト代より稼げないでいるトレードに
執着する理由があるのだろうか、って思えたらまだ、まともなお頭だな。

れていない!

兼業トレーダーのうちに備えよ!

株で資金失っても生活できる毎月給料もらえる
サラリーマンが一番強い

固定キャッシュの入る兼業のうちに
年間トータルでスイングで勝てるように訓練することだ。

あえて言うと兼業の欠点は、この真剣に訓練することを
ほとんど省略してしまうことだ。

株はどうしようもない世界なので、
仕方なく少しでも優位性があるところを
見つけようと統計と確率の世界にすがろうとするゲームだ。

なので、自分がめちゃくちゃ負けているのなら
これまでのトレード記録から、その逆をやれば
いいから、わかりやすいと言えるかもしれない。

それで簡単なルールを作れるかもしれない。

そのためにも負けても投げやりにならずに、
冷静に記録をつけることは大切だな。


またほかに、好きな銘柄の3年から
5年分くらいの統計を取ってみて検証を繰り返して、

勝率や損益をとってみる。

勝率30%なら、利益と損失の幅を4対1になればよいので、
利益とLCをその幅に設定して試す。

勝率60%なら1対1でもよい。 
 
そして自分の性格に適しているか、
やれそうなルールなのかを考える。

 

まとめ

長々と話してきたが、専業になるんだったら、
独身で、最低でも生活費が5年以上の余裕金があり、
トレードで3年以上継続して生活費以上の収益がでている。

これらの条件を満たしていることが必須だね。
でないとやらない方がいいと言いたいね。
なぜなら、やはりこの世界は資金に余裕がないと勝てないよ。

最初は誰でも慎重にやるが、
資金が小さいとどうしても早く稼ぎたいので一発勝負に出たくなるし
チャンスが来るまで『待てない』、そして常に株を持っていないと
落ち付かない。


いろんな考え方はあると思うが。
それに専業、専業と言うけれで、俺の周りの専業と称する奴らは
塾の先生とか、不動産投資とか仲間とよくわからない会社もやっているとか
結構いろんなことをやっているよ。

結局、孤独になるので、
仲間が欲しくなるんじゃないのかなあ。

かぶこ:「株神様」長々と有難うございました。

なんか、少し自分の甘さに気づいたような気がします。
暫く、兼業で頑張ってみようと思います。

それでも専業って憧れます!(笑)

また相談したいと思います。
よろしくお願いします。    

 

相場に絶対はありません!

実際の投資に当たってはご自身の判断で、自己責任で行いましょう!

 

 

広告