FP3級おすすめ勉強方法!短期攻略に無料講座の活用? 

スポンサーリンク




Saruです。


「FP3級」と「同2級」の一発合格シリーズ本日4回目は戦略2大ツールのひとつ、
「無料ネット講座」の効果的な利用方法についてです。

FP3級の受検を検討している人は参考にして下さいね。

もう少し詳しくお伝えします

なぜなら、この後2級を合格したいと計画しているあなたにも非常に大事なことだからです。

 

FP試験の勉強に、これを活用しない手はない!

 

FP受検に独学で合格するぞ!って、威勢は良かったんですが独学は寂しいもんです。

誰かの声が欲しくなります

そして、背中をちょこっと押して欲しいんですよね。


そこて登場!です。

前に少し出てきたお助けマンこそ、何を隠そう、


 
前回記事 ☞
FP3級の合格には無料WEB講座は効果的!?

「FPの予備校」E-prosto の出番なんです(はっきり言ってお金頂いていません笑)

戦略2大ツールのひとつは「無料ネット講座」の利用です。
(ただし、これは僕が学習していた頃の状況です。講師やカリキュラムの時間配分などの変更も有り得ますので最新のもので、ご確認して下さい。)

 

1.まずはボリュームの把握です。

FP3級の科目と受講時間の把握ですね。

各科目の講義時間は下記のとおりです。

「リスク管理」「タックスプランニング」は、他の科目より範囲が広く時間が長いですが、科目の平均時間は3.3時間です。

また、6科目の合計が20時間です。 

番号 科目名 時間
ライフプランニング   3時間
リスク管理   4時間
金融資産運用   3時間
タックスプランニング   4時間
不動産   3時間
相続・事業承継   3時間
  合 計  20時間


①この
6つの科目が、さらに各々小さな単元に分かれますので時間管理のためには
 各単元の所要講義時間を記録しておきましよう。



②各単元を聞いていると、理解できないところがたびたび出てきます。
 時短を図る上でこのようなメモは便利です。

<例>01-15 雇用保険給付(10分45秒) 
    「給付の種類、条件」→4分54秒S

この例は「雇用保険給付」の単元で「給付の種類、条件」の説明は、
講義開始は4分54秒からSはスタート(開始)するという意味です。

非常にシンプルですね(笑)

これで毎回最初から講義を聴かなくても、聞きたいところから直ぐに聞けます。

③ある聴講科目を終えたらあわせて、同じ科目の過去問題集にもチャレンジしてみます。

どの程度の正答ができるか確認することもひとつです。



聞いてわかったつもりでも、いざ問題にあたってみると結構正解を出すには悩むものです。
記憶付けの点からも試して見て下さい。

 

聴講することはin put  → 問題を読んで答えを導くことは、→ out put

広告