FP3級の試験日と合格発表と合格証書!

スポンサーリンク




Saruです。

生まれて初めての体験FP3級の試験日当日から、合格までの状況などに
ついてお伝え
します。

これから、受検しようと考えている人は参考にしてください!

FP3級に合格、やっと45日の旅が終わった!

 

 

 

やって来ました。ついにFP3級の試験日がやってきました。!

たかだか45日間、実質は1ヶ月程度だろうか、

FP3級試験に45日間で合格した方法

それでも疲れましたわ。

仕事を持ちながらの人は大変だと思います。

いくら、合格率が高いとはいえ、勉強しないと、あたり前に落ちますよね。

だんだん、どうでもよくなってきたりするかもしれません。

むりくりモチベーションを上げる工夫をするしかないです。
あとは時間のやり繰りをどうするかです。

さて、試験日当日です。送付されてきていた受験票を忘れずに持っていきます。
写真も忘れずに貼付されています。

この日は、余裕をもって朝早く出かけました。駐車場がないので電車です。

僕が受けた日、5月27日の日曜日、天気は晴れ。

今思うと、5月受検は勉強期間が、春のまっただかで、
気候よし!、やる気よし!、ベターな季節でした。

(この後受検することになる2級の9月受検は、もう暑さで、
ほぼほぼモチベーションが下がり、ほんとうに大変でした。
季節を選ぶべきだったか?)

FP3級試験の日程はこのようなものでした。

 

 

 

(学科)
集合時間は09時40分です。

試験時間は10:00~12:00(120分)

実技試験)
集合時間は13:10分です。

試験時間は13:30~14:30(60分)

会場の大学構内にはいったら、急に緊張してきたのか、
お腹に
来るんですね。

トイレに3回も入りました(笑)
おかげ様で、このところの便秘が改善、これもFP試験様の御利益ですかね。
この際、何事にも感謝です。

やはり、この年になってもまだ緊張するんですね。

年齢など関係ないんだと、あらためて思います(笑)

それでも、いい緊張感です。おかげで適度な刺激を受けて絶好調です。

あらためて感謝です!

試験会場には、予定通り、1時間30分以上も早く着いたので、
受験者は数人しかいませんでした。


教室を探して指定席に座り、諦めの悪い僕なんです。

よっしゃ!問題集の付録別冊「3級検定試験重要ポイント集」をやろう!!

ラッキー、まあこれで1時間程度はまだ勉強ができるぞ!

時間の経過とともに、教室内が若い人たちでいっぱいになり活気であふれて来ました。

午前の学科試験を首尾よく終えて、昼食は準備してきたお茶とお握りです。
構内の学生ホール内の食堂で食べました(食堂は休業日でしたが)

うまい!

食べながら、次の実技試験のために「計算簡単ノート」を確認します。

これは、前に触れていましたが計算問題に対応するために事例問題計算式の代表格
を自分なりにセレクトしたものです。

集合時間まで1時間弱もありますからね。


「最後まで、セコサ効かせて、勝ちを握る」by Saru

FP3級試験は無事終了!

午後の「実技」試験もなんとか終了しました

なんか、やっと終わったなと背伸びをして、帰りの駅まで歩く。

久しぶりに試験を受けて見て、新鮮に思ったことは学科・実技とも、
試験問題は持ち帰れるし、
模範解答は試験日の午後5時30分以降に
「きんざい」ホームページに
掲載されるようになっています。

合否通知の発送予定日まで、ご丁寧に問題用紙の表紙に記載されている。
今時分の試験ってみんなこんな感じなのだろうか?

なんか時代遅れの僕ですね。

試験会場で問題用紙に答えをマークしておいていたので、
早速、自宅のパソコンで模範解答を調べてみました

そして合格は間違いないものと確信しました。

合否の通知書は、試験問題の用紙に書かれているとおり、
6月末に送られてきました。

左側が「学科」で60点満点で55点でした。

右側が「実技」で50点満点で47点でした。

6割以上で合格ですので、ほぼほぼ余裕で合格しました。

FP3 合否通知書

 

 

 

 

 

 

とりあえず万歳! 金財とFP協会の連盟合格証書なんだと知る。
FP3級 合格証

今夜は、ご褒美に「うなぎ」にします!お疲れちゃん!

FP2級試験に合格した独学49日間の方法!はこちらから

 

 

広告