FP3級受ける意味があるの?どんな資格?

スポンサーリンク




Saruです。

FP3級を勉強して試験を受けて本当に意味があるの?

役に立つの?など受検に戸惑いを感じていませんか。

それは、恐らくFP3級程度の知識では使いものにならないとか、勉強範囲は広いけど内容が

浅すぎるなどと耳にされているからかもしれませんね。

でも、結論を言ってしまうと、30年以上のサラリーマン生活、宅建士や行政書士などの取得経験、

そしてFP3級と2級の合格体験からは、正直、

FP3級を生かすも殺すもあなた次第だと思っています。

簡単そうだから、ただなんとなく資格があった方がよいとか、肩書が欲しいというだけで3級でお終い、

その後に知識を磨こうとしないと、あまり役にたたないかもしれないというのが感想です。

これは、あらゆることに共通することだと思いますが、最初に自分の目標や目的を明確にしておくことで、

こちらの資格を生かすことは可能だと考えます。

また資格に関しては、必ずしも難しい資格を取得すれば将来が安泰かといえばそう単純な話ではないと思います。

現に弁護士、司法書士や税理士などで食べていくのも大変だという話は多くあります。

僕が「FP3級」を受けようと思ったのは、長い人生を送る上でお金は必要なものですが、不思議とこれまで学校では

勉強する機会がなかったということなんです。
【ECC】低料金で修了認定が可能です!今ならFP3級講座が無料!!

そこでファイナンシャルプランナー(FP)という資格に注目したんです。

ファイナンシャル・プランナーとは?


「FP」とは英語で
ファイナンシャル(financial)・プランナー(Planner)の略称です。

日本大百科全書(ニッポニカ):引用

顧客の相談に応じ、資産についてのデータを収集・分析して人生設計や事業設計にあわせた財産形成の
立案(ファイナンシャル・プランニング)やアドバイスを行う専門家。略称FP。
フィナンシャル・プランナーともいう。

詳しくは、日本FP協会のホームページなどで確認してください。


FP3級は、ファイナンシャル・プランナーへの入門編にあたります。

この試験に合格すると、国家資格として「FP3級技能士」の称号が与えられます。

 

【ECC】低料金で修了認定が可能です!今ならFP3級講座が無料!!

FP3級を取得するメリット

「FP3級」の試験勉強をしてみて、初めて感じたことはなんて「勉強範囲が広いんだろう!」でした。

しかし、それもそのはずで金融資産運用のみならず、税制や不動産、社会保障制度の動向も併せて、

ファイナンシャル・プラン(資金計画)の作成を支援する専門家が「FP」ということなのですから

当然なのかもしれません。

 

ではメリットはどのようなものか。

 

自分の資金計画の助けとなる

FPの勉強では社会保険の仕組み、保険や税金の活用、金融資産や不動産の運用など、お金に関する幅広い知識を

学ぶことが出来るため、単に資格取得を目的とした勉強だけでななく、自身の家計や生活設計にも生かすことができます。

これらの勉強して得た知識を生かして家計の節約や、将来の資金繰りにも非常に役立てることができるのです。

例えば、FPの勉強をすると健康保険や労災保険、雇用保険、年金などの仕組みがわかり、自分や家族を守るための制度が

どのような仕組みになっているのか理解できます。

 

それらは私的な生命、医療保険・年金等にについてもどのような選択をしていくかの検討材料となります。

また、教育資金や住宅ローンの仕組みを知ることで、自分に適した借り入れの仕方や節税などを知ることができます。

出題は年金の繰り上げ繰り下げや、住宅ローン、教育ローンなどの理解が問われますし、不動産では登記や固定資産税など、

相続・事業継承では、相続時の評価額算定や相続の放棄などが問題に含まれています。

これらのテーマはほとんどの人が人生というステージで関わる可能性が高く、知識があると全くないとではライフプランに

雲泥の差となって表れると考えます。

【ECC】低料金で修了認定が可能です!今ならFP3級講座が無料!!

 

金融商品・保険商品の基礎が分かり、投資などの資産運用が身近に 

 

FP試験では、預貯金や外貨預金、国債、株や投資信託などの投資に関する金融商品や生命保険・医療保険や傷害保険などの保険に関する問題が出題されます。

金融商品や保険に関するサービス情報は企業が提供する商品販売が目的なので、それらがどのよう仕組みなのか法的な基礎理解には結び付いてきません。

金融資産運用では、投資や資産運用に関する知識が得られます。

 

例えば、ETFや外貨建てMMFなど金融商品がどのような仕組みかを知ることができます。

これを知っただけで、投資や資産運用が上手くいくということは勿論ないですが、

例えば、野球のルールを知らない人が試合に出たとしても結果は悲惨ですよね。

FP3級では、初めての人がまず商品の全体像、特徴や約束ごとがわかるというメリットがあります。

 

税金の仕組みの理解

税金はあらゆる生活場面で発生していることがよくわかります。

FP3級の勉強は深くはありませんが、税の種類から納税までの理解につながります。

住宅や土地などの不動産を取得するときや譲渡する場合の税金、退職金や金融商品に関する税金、事業承継や贈与・相続時の税金

また申告課税と分離課税の違い、生命保険による所得控除、住宅取得控除、確定申告などの税金の仕組みが分かります。

 

FP3級には受験資格がなく、合格はFP2級の受験資格 

 

FP3級の受検資格には特別な条件がないというのもメリエットです。

そして、3級に合格すると誰でもFP2級の受験資格を得られる事です。

 

 

FP資格を使って就職・独立・副業も可能 

 

FPは金融機関や生損保機関などに就職・転職にする場合には、私の経験からも有利になるといえます。

またFPの知識は幅が広く、証券会社勤務だと資産運用、不動産や住宅関連会社勤務は住宅購入に関する資金相談といった

ところでの活躍が期待できます。

一部の会社では資格手当や、働くうえで必須条件となっている場合もあり、場所によって大きなメリットになり得ます。

独立をめざすのでしたら、FP3級を取得しただけでは、専門性といった面ではまだ不十分ですので、企業に勤め実務経験

積んでから、その業務で得た知識をメインにして開業するのがよいと思います。

なので、FP3級に合格したら2級受検をおすすめします。

また、副業もありだと思います。

例えば、主婦として生活者目線のキャリアとFPの知識を掛け算して、ネット上で発信していく方法もできると思います。

 

日々の節約術、教育費の捻出、貯蓄や資産運用、住宅ローンや保険の見直しなど、家計を管理していくことすべてがFPとしてのキャリアに繋がっていきます。

そのためには、住宅購入するためにローンを組む場合には、各金融機関のローンの特徴を徹底的に調べ、比較検討し、他人にアドバイスできる精度まで高めておくとか、

お金に関する法律の改正も多いので、常に最新の知識を調べておくなど、その知識をさらに深堀りしていくことが重要となります。

 

まとめ

FP3級は非常に合格しやすい登竜門的資格です。

でも、明確な目的をもって受検したたほうがよいです。

FPのアンテナを張っていることで、日常的に目や耳から入る新聞・テレビ・ネットなどからインプットされる情報は

今までの他人事ではなく、強い興味や好奇心に変化するようになってきます。

 

2級へのステップアップにも繋がるし、就職や転職で有利になることもあります。

 

浅すぎて現場で使えないという人もいますが、でもそれは、そこからさらに飛躍しようとしないでそこで満足して

しまうからではないでしょうか?

FP3級はFPの入口です。

 

明確な目的をもって成長しようとすれば、さらに専門性を磨かれ、副業や独立も十分に可能だと思います。

難関の資格を手に入れてからといって、それで食べていけるとは限らないのです。

 

事業経営はまた別の次元ですが、少なくとも興味や熱意が湧かないことには継続はありません。

 

そういう意味からは、FP3級の受検で悩んでいる人は、とにかく試しに勉強してみて受検してみたらいかがでしょうか?

【ECC】今ならFP3級の無料受講特典を実施中!

あらたな発見や気づきがあるかもしれません。

 
 FP3級試験の特徴をざっくりとチェックして見た!

広告