FP3級試験の勉強が役立つ理由とは?

スポンサーリンク




FP3級受検は「くらし」と「お金」の勉強にもなる!?


Saruです。

「FP技能検定3級試験」「FP技能検定2級試験」にどのようにして一発で合格したのかその方法などを数回に渡って紹介していきます。

今回は僕が思うそもそも勉強して本当は意味があるの?役に立つのか?
その辺をお伝えします。

これから受検勉強を始めようかどうか迷っている人はどうぞ少しでも参考にして貰ったら嬉しいです!

突然、話は飛びますが僕は会社を経営する人だけが事業家ではないと思っています。

なぜかというと、それと並び誰でも人生そのものを起業し、誰もが事業家として人生に投資していると思えるからなんです。

あなたが家族を持てば家族経営が始まり、小さな会社のようなものができます。

「FP3級」を受けようと思ったのはこのような「人生誰もが事業家」の視点から、「くらしとお金について一度あらためて学んで見たいと思ったからです。

そして、これから上を目指して運よくしてFP業務に従事できれば良いなあとも考えています。

そもそもFPは何をする人ですか!?


そもそも「FP」って何?よくわからないよ!という人もいるかもしれませんね。

僕も最初、そうでした(笑)「FP」は英語で、ファイナンシャル(financial)・プランナー(Planner)の略称です

日本大百科全書(ニッポニカ):抜粋引用

顧客の相談に応じ、資産についてのデータを収集・分析して人生設計や事業設計にあわせた財産形成の
立案(ファイナンシャル・プランニング)やアドバイスを行う専門家。略称FP。フィナンシャル・プランナーともいう。

「FP」って年金や資産運用などの話題で雑誌で目にしたり、テレビに出演している人をよく見かけますよね。
まあより詳しくは、日本FP協会のホームページなどで確認してください。

FP3級は、ファイナンシャル・プランナーへの入門編にあたります。
この試験に合格すると、国家資格として「FP3級技能士」の称号が与えられます。段階は3級、2級、1級となっています。

なお、これと別に日本FP協会では民間資格として「AFP」と「CFP」の認定をしています。

まあ、今回はこういうものがあるなとだけ覚えておいて下さい。

FP3級を勉強してみた感想はどうだったか?

「FP3級試験」のための勉強をしてみて、初めて感じたことはなんて「範囲が広い!」でした。

しかし、それもそのはずで金融資産運用のみならず、税制や不動産、社会保障制度の動向も併せてファイナンシャル・プラン(資金計画)の作成を支援する専門家「FP」ということなので当然なのかもしれません。

もっとも、FP技能士の認定を受けていなくてもFPの仕事はできるんです。

例えば、経営コンサルタントという職業も資格がなくてもできますよね。

とはいうものの、国の認定や権威のある民間が付与した称号を持っている方が、世間一般的な受けとしては他と同様に安心感があるような気がします。

それにしてもあらためて制度や仕組みの「これはいい勉強になる!」と実感しました。

大袈裟かも知れないが、もし学校教育で「FP3級検定」のカリキュラムがあり、合格を目指して知識の取得が出来ていればひょっとして、日本が少し変わるかもしれない!?

なぜかって?選挙改革で18歳の若者たちがある日から選挙権を持つようになりました。社会経験を何年も積んできた大人でさえ、政治に無関心の多い日本ですよ。

FPの知識をもつ若者の投票が増えて来たなら、今までの政治や経済に対する見方捉え方が変わると思います。意識が高くなる気がするんです。

何と言っても勉強の内容は自分たちの将来に関わるカテゴリーが、盛りだくさんですからね。

そして、今後すべての日本のサラリーマンが米国みたいに申告納税制度に変って来るようなことになれば大きなうねりになるのでは。

益々??・・・・・・・・・誇大妄想ですかね?(笑)

FP3級技能の知識は役にたつ


それにしても自分の住んでいる国の制度や仕組みについて
これまで、いかに自分が無頓着で無知だったのかこの勉強で思い知らされました。

全く呆れるばかりです。

もっと早くから知っていたのなら、お金の使い方も違っていたかもしれません。悔やまれます(涙)

FP技能知識、役に立つかも!

FP3級の受検資格についてはFP業務に従事している者、または従事しようとしている者です。

前者は分かりやすいところでは、金融機関や生損保機関などでFP業務に従事しているなどです。

後者は現在は全く違う仕事などをしていたり、無職であってもこれからFP業務をしようと考えている人であれば対象となります。

2級以上とは異なり誰でも受検が可能なんですね。

FPの資格は就職活動や会社に入っても役立つ技能なので、FP試験は人気が高いと言われています。

金融機関や生損保機関などに勤めようとする人達にとっては必須の知識でしょうし、勤務先の要請で、半強制的に受検させられるようなケースもあるかもしれませんね。

だけど、かなり曲がった話をすれば「FP知識」に触れる機会の少ない、
それ以外の職業にいる若者達や
主婦層の方々にとっても、この「FPの知識」を持つ意味は大きいのではないかと考えます。

仮に、とりあえずFP業務に従事しようというお考えの上で受検して合格して、3級技能士になったとしましょう、

たとえ、あなたの仕事に直接結びつかなかったとしてもご自身のライフプランを描く時には、この「FPの基本知識」があるとないとでは、

やがて、資金計画を進めるにあたって、より大きな差が出来るのではないでしょうか。

FPの知識は橋渡しになる!?

例えば、借入金や各種保険の加入などで金融機関や生保・損保の担当者
とのやりとりする場面においても、単に相手の話を鵜呑みしてまる投げするだけではなく日頃、抱いている疑問や自分の希望をより的確に相手に伝えることができると思います。

税金や相続などでは専門用語も多くて難しいです
税理士、弁護士、司法書士などの専門家に相談することになった場合にも的外れな相談をすることもなくより円滑に進むことができるかと思うのです。

あと、子や孫に資金援助をしたい又は頼られそうな人(笑)

場違いなケースかもしれませんが?
 ・子や孫が可愛くて積極的に資金援助したいのだが?
 ・どうも子や孫の生活が不安定で将来心配だ。

何かしらの援助をしたいが?こんなときにも「FPの知識」はあなたの
子や孫のライフプランに「想定される最善の援助の仕方は何か?」を考えるときの参考となるでしょう。

 そして、また余計なことを言いますが、FP3級の勉強は三択式や計算問題も出題されるので、クイズの正解を当てるようで体験した者としては「ボケ防止」にピッタリでした(笑)

まとめ


くらしとお金の入門として「FP3級」の合
格を目指して
  勉強するのも効果的な方法。

2.なぜなら、誰もが「人生事業家」であり、人生の「時間投資家」
  でもあると考えるから。

3.FPはファイナンシャル・プランナーの略称顧客の相談に応じ、
  金融資産の運用だけではなく税制や不動産、社会保障制度の動向も併せ

  てファイナンシャル・プラン(資金計画)の作成を支援する専門家です

4.FP3検定の合格を目指すことはFP入門を目指すこと。

5.FPの知識を得ることは、就職や独立以外でも、若者または家計を預かる
  主婦にとって大いに役立つものと考えます。

 
⇒ FP3級試験の特徴をざっくりとチェックして見た!

広告