株初心者がリスクヘッジ売買するときに注意すること

スポンサーリンク




Saruです。

今回はリスクを小さくしたいと思い、反対の玉を安易に建てると却って混乱してしまうこと、リスクヘッジの基本的な対応についてお伝えします。

損切=ロスカットが、何回も続いたりすると確かに嫌になります。

それで、なんとか回避しようとして周りを見渡して発見します。

これは、「魔法の法則」だ!(笑)

そうです。

保険として「ヘッジ」=「反対売買」があることに気づきます。

やったあ!これで損失が回避できるぞ!と言いたいところなんですが、

これがまた、結構な曲者なんですね。

両建て(ヘッジ)は魔法の法則か?

経験の少ない初心者が、ヘッジに安易に頼ると大変なことになります。

一見、実際に損切して損失が発生させずに、買って含み損抱えているときに信用で空売りをすることは、損失を限定させながら様子見することは一時的には気持ちが楽な場合もあります。

ところが、これをいつでも、どこでも使ってしまうんですね。

「陰線がでたから売りヘッジ」「5日移動平均線を割ったから売りヘッジ」

「今度は逆に動いたな、ヘッジをはずして買いでも入れようかな」

そうこうしているうちに、買い玉と売り玉がぐじゃぐじゃあふれてきて、団子状態です。

収拾がつかず、今度は玉で身動きができなくなってしまいます。

株価の位置に関係なく、とにかく安心したいので売りと買いを同数にして(スクエア)損益をロックする癖がつきます。

スクエアにすると、暫く考える時間はできますが、そもそも相場がよくわからない初心者は、エントリーの経過とともに大抵、何がなんだか分からなくなります。

どういうことかというと、一番肝心な自分が「買い」戦略をでいるのか、それとも「売り」の戦略なのかを完全に見失ってしまいます。

初心者や資金が少ない場合、右往左往する地下トンネルに自ら、入り込まないための大切なことは、自分が今、売り目線なのか、買い目線なのか、どちらか一方に戦略を明確にすることです。

 両建てのイメージには損失の痛みがないように思われるかもしれません、

適当にやっていると「買い玉」も「売り玉」の両方とも手仕舞いするときに損失を発生させる危険性があります

また、両建で「買いの利益」と「売りの利益」両方を取るということは簡単そうに思えますが実は至難の技なんです。

「買い」か「売り」かの戦略を決める

 

よく、初心者がやらかすのが、最初になんとなく「買い」で入り、少し含み損が出てきたのでヘッジの「売り」を立てる。

また、少し上げてきたので買いを足す。

とにかく、含み損を減らそうとしてどこでも、なんでもヘッジを入れる。

まさに、困った時のドラえもんモードです(笑)

こうなると、買いも売りもどっちもヘッジになって本玉はどっちなのかわからなくなります。

そして、相場が横ばいになろうものなら、これで完全フリーズです。

基本的なヘッジのやり方

 

トレードに慣れてきたら、ヘッジの使い方について見て行きましょう?

3ヶ月未満のスイングトレードで基本、順張りの手法(小さな逆張りもあり)を前提とします。

株初心者がトレンドを見て勝率を上げる方法? でも触れていますが、

まず、週足(月足)で中長期のトレンドを確認します。

これは、環境認識(トレンド)であってエントリータイミングとは違いますので注意です。

トレンドの認識にはトレンドラインを引くほかに、13週移動平均線の向きを確かめます。

それが下向きなのか、上向きなのか、下向きから横になりつつあり、上昇準備なのか、それとも

上向きから横になり下落の準備を始めようとしているのか、どちらに優位性がありそうか探ります。

そして、13週線が上向きでローソク足が上にいるならば、暫定上昇トレンド買い戦略とし、

13週線が下向きでローソク足が下にいるならば、暫定下降トレンドとして売り戦略を考えます。

日足でエントリータイミング

買いか売りかの戦略が決まったなら、日足でタイミングを計ります。

①買いのポイント
週足も上昇、日足も上昇しているときには仕掛けません。
日足が下落して押しをつけて反発の陽線があるまで基本は待ちます。

目印の節目でどういう動きがあるか観察します。
・直近の安値まで割らずに反発した。
・直近の安値を割ったがすぐにもどって反発した。
・移動平均線や節目の価格で反発をみせた。

②売りのポイント
週足が下落、日足も下落しているときは仕掛けません。
日足が下落から一時的な戻りを見せて、再下落する陰線ローソク足まで基本待ちます。

目印の節目でどういう動きがあるか観察します。
・戻して直近の高値を超えられず再度下落した。
・戻して直近の高値を超えたが直ぐに下げてきた。
・戻したが移動平均線や節目の価格で抵抗され下落した。

③その他の留意(共通)
月足や週足で環境認識ができても必ずしもトレードでうまくいくとは限らない。

・いつまでも上げ続ける株もないし、また下げ続ける株もない、3ヶ月ごとの
   柄、その動きに変化がないかに注意します。

・大きく上昇してすぐに下落するよりも、天井付近で横バイとなることが多
   い。

2ヶ月、3ヶ月以上になるケースもあるので、3ヶ月未満のトレード計画では、非常に長く感じられます。

持ち合いと判断したら一度、区切り再度タイミングを探ります。

・大きく下落してすぐに上昇するよりも、底練りを2ヶ月、3ヶ月、場合によっては4ヶ月以上も横バイとなることもあるので、資金やトレード期間によっては、同様に横バイと判断したら早めに区切って監視をしながら、再度日柄やタイミングを計ります。

・経験則では、日足や週足で上昇では新値陽線13本ぐらい(終値が前の高値を更新)

下降では陰線新値で13本ぐらい(終値で前の安値を更新)で大体、転換が近いかなと感じています。

それと、日柄が3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、12ヶ月、3の倍数でトレンドに変化がみられることが多いようです(アノマリー)

広告