ストレスや不安を断ち切る驚きの呼吸法で仕事や人間関係を改善する!

スポンサーリンク




ストレス過多で体調不良になっている人が周りに多いです。こんなにも便利になった社会ですが相も変わらずなぜか人々の心が疲れ切っている社会なんですね。

今回は、そんなあなたに秘伝を伝えようと思います!

怒りや不安のストレス社会

 仕事でも日常生活においても、こちらからなんら仕掛けなくても、相手からは結構な嫌な言をもらったり、時には理不尽な扱いを受けたりすることはよあることです。

こちらは過度にストレスを感じていても、相手はほとんど気にも止めていないのかもしれません。
冷静になれば、こちらが気にしなければいいだけなのですが、ことはそうは単純にいきません。

怒りや不安は反射的に感じてしまう。

生きているのだから、感情があるのだから、心に感ずるものを止めることはできませんが不快な気分は少しでも緩和したいし、何よりも神経に触るのは体に良くないことを誰でも知っています。

一般的にリフレッシュしたいときによくするのは背伸びしたり、「深呼吸」をすることはよくある。
しかし、この「呼吸」の仕方一つで人生がガラリと変わる可能性のあることに、どれほどの人が気づいているでしょうか!

私は社会人となり仕事にも慣れて順調に家庭を持ちました。

しかし30代に入った頃、強いストレスを感じながら日々過ごすようになっていました。

ちょうど合気道を始めた頃に重なりますが、当時、関連する本を読み漁っていたら、たしか藤平光一先生「氣の威力」だった思います、それには『呼吸』が重要だと書かれていました。

その後さらに興味が湧いて、哲人中村天風先生のことを知ったのです。
当時の1万円の本は自分の給料と比べて高いなと思いながら、思いきって購入し、世の中にはすごい人がいるものだとやたらと感激した記憶があります。

そこで、今も続けているすごい方法を知ったのです。

神経反射の調節法

どいうものかというと、『神経反射の調節法』というものです。

まず、前提となるのが深呼吸「呼吸」は字のごとく、先に息を吐く事が肝心であり、吐き切れば自然にお腹に空気が入ります。

「呼」が先で次に「吸」という漢字の順番なのです。

具体的な手順を示すますと、
① 肛門を締める
② 肩を落とす
③ 息を出すだけ出しきる。
④ 出し切ったら、改めて肛門を締めて
⑤ 肩を落としておいて、息を吸い込む。
⑥ いっぱい吸い込んだときに力をグット入れる
⑦ そして、またハーッと出す。

私は口から息を吐きだし、鼻から吸っています。

これを日になんども意識的に、面倒がらずに行います。

人生を生きている限り、感情と感覚の波は訪れます。これを防ぐことはできません。

でもこの呼吸の仕方が習慣になれば、すごい効果があります。
感覚なり感情の衝動、ショックを受けたら、急いで体の3か所を特別な持ち方をします。

3箇所とは肛門と肩とお腹である。

腹が立つこと、心配なこと、恐ろしいこと、心に衝動を感じたらすぐ肛門を締めちまう、そしてお腹に力を込めると同時に、肩を落とします。

この三か所がそうした状態にされたときに初めて感情や感覚の刺激衝動が心には感じても神経系統に影響を与えない、影響を減ずる効果あると哲人天風先生は説く。

普段の生活で一番大事なのは肛門をしょっちゅう締めること
往来を歩く時でも、ものを考えるときでも、長く立ってしゃべるときでも肛門を締めることだと哲人は言う。

この秘伝を、昔、知り合いの息子が入社試験だというので早速教えたことがあります。

その時は、より簡単に自分なりに短縮変形させて伝えました。

こんな感じです。
会釈を3回する要領で行い、1分に3セットくらいと超短いものです。

3回頭を下げながら口から息を吐く、頭を起こして口を締めると、自然に鼻から息を入る。
3回目の終了直後に肛門を締めて肩を落とす、同時にお腹にぐっと力を入れて終わり。

これで試験や面接に臨むことをアドバイスしました。

結果、緊張せず落ち着いて対応が出来、お見事合格したとお礼の報告を頂いたことがあります。
勿論、彼が優秀だったから合格できたのだが、落ち着く効果はあったと思うのです。

呼吸法の効果

私は合気道の稽古でも、息を吐く方に意識をおきながら肩から力を抜いて技を掛けることに留意している。そして相手と一体となる意識を持ちながら、円の動きで体を捌きます。

聞くところによると、ウェイトリフティングでも、息を吐き切る瞬間バーベルを持ち上げることが有効とされているようですし、剣道の指導では、吐くは実の息、吸うは嘘の息」と表現され、息を吸っている時には隙ができやすいことが経験的に共有されているようです。 

さらに千葉大学大学院の研究チームでは筋力のような身体能力ではなく、認知能力が関わる「注意力」、物体の動きの変化に対する人の呼吸が与える影響を調べた結果、動きの変化に早く反応できるのは息を吐いている時であることを初めて科学的に実証したようです。

 

日常の怒りや不安のストレスから自分を守る方法として、お金もかからず時間もかかりません。

癖にして習慣づければ、一生涯できる呼吸法①息を吐くこと、②肛門を締めること③肩を落として

お腹に力を入れる、この【神経反射の調節】をあなたの生活の中で実験してみたらいかがでしょう!

あなたの人生に大変化をもたらすかもしれませんよ!!

 

明石市長また暴言「お前なんか辞めてまえ」とアンガーマネジメント

広告